シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

☆ 夏休み(前)の宿題 ☆

category: 作品 Mes Œuvres | author: NEPOJA


日本の生地屋さんから8メートルほど譲っていただいた、
かわいい綿チェック地。

やや放置気味だったのを、これではいかんと一念発起。
ベッドカバーに半分くらい使って、
残りの生地でショートパンツを作ることにしました。




オペラ座のそばの手芸店で木のボタンを買ってきました。
ボタン14個買ったら、それだけで20ユーロ弱のコスト。
ポケット袋や内装は同じく日本製の
耳(セルビッチ)付き綿ストライプ地に決定。

パターンは自分で引くのが面倒だったので
プロの友人にお願いしちゃいました…(汗




裁断は自分でしましたよ◎
柄の位置を熟考しなければならなかったので大変でした。
柔らかい風合いの生地で、綾があるのでチェックが歪みやすいし。
柄合わせを考えてタックをなくしたり丈を変えたり
多少のパターン修正も自分でしました!

サスペンダーは、前にロンドンのヴィンテージショップ
ゲットしたものがピッタリだったのでそのまま転用。

で、縫製に入るわけですが
自分で縫っている時間的余裕もないし、
うちのミシンいまいち調子良くないし(言い訳)、
せっかくだからということでプロに頼むことにしました。

でもパターンナーの友人に紹介してもらったトルコ人の縫い子さん、
僕が急用で日本に一時帰国したりしている間に
展示会シーズンに向けてのサンプルオーダーで忙しくなってしまい、
結局裁断してから何もせぬまま2ヶ月くらいが経ってしまいました。

ボヤボヤしてるとショートパンツの季節も終わってしまうので
別の縫い子さん(やっぱりトルコ人)を紹介してもらうことに。

7月14日、フランス革命記念日の日なら空いているということで
当日そのおじさんのところに行って
一日つきっきりで指示を出しながら縫ってもらいました。




ジャーン♪ できあがり☆

プロの方でも休憩ナシで7時間かかったので
自分で縫ったら何日かかることやら…




内側もパイピング付けてもらったり、ちょっとこだわりました。
仕様が細かいし、柄がずれないように縫うのが大変だったので
おじさんかなりグッタリしてました。ゴメンナサイ。
でもせっかく作るからにはあまり妥協もしたくないし…




後ろはこんな感じ。
最後のボタン付けもやってくれて感謝感激。




生地の耳の部分を2枚重ねてポケットの玉縁部分に使いました☆


服作ったのなんて(かなり人さまの手を煩わせましたが)
学生のとき以来なので、なんだかいい刺激になりました。
自分が考えたものが形になるのって楽しいですよね。

T子ちゃん、I氏、ありがとう!



明日から1ヶ月間パリを留守にします。
更新が滞るかもしれませんが ポチッ と
( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(10) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

iPhone 4 と自作ケース☆

category: 作品 Mes Œuvres | author: NEPOJA
家庭の都合でチョロっと日本へ行ってましたが
23日にパリに戻ってきました。

夕方パリCDG空港に着いて、
タクシーで自宅に向かうか迷ったんだけど
帰宅ラッシュアワーだし、絶対道路が渋滞しているので
空港からのタクシー代をケチって電車RERでパリに向かうことに。

そしたら何かの故障で電車がパリの手前の駅で30分以上立ち往生、
自分の乗っていた電車は超満員状態になってしまい…
汚くて臭いRER、冷房なんてものはないしサウナ状態でグッタリ。
(パリ在住でないとこの辛さは伝わらないかな〜?)

Bienvenu à Paris, welcome back!! 早速パリの洗礼です。
這々の体で家に着いたらシャワーだけ浴びてバタンキュー、
そのまま朝まで寝ちゃいました…

グチはさておき、翌24日は待ちに待った iPhone 4 の発売日!
iPhone 自体は前から使ってたんですが、
カバーとか付けずにムキだしで使ってた上、
使い方が荒っぽいので何回も床に落っことしたりしてるうちに
突然電源が落ち始めるようになり…
ついにウンともスンとも言わなくなりました。
修理に出してみるも、完全死亡宣告を受けてしまい…(号泣

新しい iPhone が夏前に出るだろうというウワサを信じて
ここ数ヶ月は iPhone ナシの生活を送っていたんです。
大昔の携帯でかろうじて生きているのがあったので
それでガマンしてました。



ルーヴル美術館の地下入口の前にできたアップルストア。
この地下部分は、Carrousel du Louvre カルーゼル・デュ・ルーヴル という
ちょっとしたショッピングモールになっています。

SFR というフランスの携帯キャリア会社をずっと使っているので
SFR のサイト上で iPhone 4 への機種変予約をしてあったんですが、
仕事で外に出たついでにアップルストアを見に行ってみたら
発売初日なので、案の定すごい行列。

行列していたのは、やはり iPhone 4 をサイト上で予約した人々。
「iPhone 4 本体じゃなくってアクセサリを見に来たんですけど…」と
行列整理の人に言ってみたら、脇の入口から中に入れてくれました。
でも iPhone 4 用のアクセサリはまだほとんどない感じ。
展示されている iPhone 4 の実物をいじくったのみで出てきました。

SFR で予約したのはいいけど、確認メールに付いていた
予約の進捗状況を確認できるはずのリンクをクリックしても
「現在使用不可」のページに飛ぶのみだし(さすがお腐乱酢)、
これじゃあ iPhone 4 を受け取るのは
少なくとも数週間後だとハラをくくっていたところ
午後3時半くらいにテキストメッセージで
「あなたの iPhone が届きました」との連絡が!!



速攻で指定してあった自宅近所の受け取り先に走りました。
で、思いもよらず、発売初日に iPhone 4 ゲット。
さすが米アップル、よくがんばりました。

以前の iPhone に比べて箱が小さくなっていたのにビックリ。
(奥が iPhone 3Gs の箱。)
チャージャーがかなりコンパクトになったからかな。



左が死亡した前代 iPhone、右がホヤホヤの iPhone 4。
大事にしないと…

とりあえずケースを自作しようかと検討中デス

<思い立ったが吉日ということで早速ケース製作!>




何かに使いたかった透明パイソン革の端切れ。

iPhone ケース、最初は手帳型にしようと思ったんですが
最初のパーツを切ってみて、なんだかピンとこなかったので
もっとシンプルにすることにしました。




2枚切って縫い合わせただけのポシェットタイプ。




レザーなんで切りっぱなし。
あらかじめ縫い穴を一個一個キリで開けておいて
麻ひもでかがっていきました。




iPhone 画面が透けて見えてるでしょ。

なんか気に入るケースが発売されるまで
とりあえずこの自作ケースを使うことにします…



おかえり iPhone !! ポチッ と ( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(6) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

|///|´・ω・)ノ Bricolage : Table ☆彡

category: 作品 Mes Œuvres | author: NEPOJA


コンニチハ。

拙ブログ用のブツ撮りの台としてよく使っているので
気になっていた方も多いかとは思いますが、
今日はうちのテーブルを紹介します。

細長いアンティークの木のテーブルを探していたのですが
いいのが見つからなかったので自分で作ることに!

Brocante ブロカント (古道具商) のマーケットで見かけた
昔のカフェの木の扉、手描きのロゴとかが剥げかかっていい感じ。
テーブルの天板にピッタリ!と閃いて、
でもその場では買えなかったのでお店の連絡先だけもらって
今度はテーブルの脚探し。

結局、eBayオークションで見つけたのが
1900年代初期のビストロテーブルの鉄製の脚。
32ユーロで落札したから結構お買い得?
しかもフランスの地方に住んでいる出品者のおじさん、
パリでの骨董市に出店するついでがあるとかで
うちまでトラックで運んできてくれたので配送料もかからず。
骨董市の始まる前、朝5時の配達だったけど…

脚をゲットしたので、さあ天板!というわけで
勇んで例の木の扉を買いにお店に行ってみたら
もう売れちゃったって…  (´・ω・`)ショボーン
あんなもん買う人いないと思ったんだけどね〜
甘かったです。

というわけで、またリサーチ開始。
そして出会ったのが、日本に一時帰国したときに
中目黒の温故知新で見かけた昭和レトロなビール木箱。



これだ! ;y=ー(°ω°)・∵.パーン ★

パッチワークテーブルにしよう!!

とりあえずそこにあった3個を買って
それだけじゃ足りなさそうなので
ヤフオクとかで探して2個ほど買い足し。
解体するのに結構苦労しました。
病を患っていた、今は亡き母も手伝ってくれたり…(涙

解体してみて気付いたのが、
板の厚みがバラバラだったってこと。
これじゃあ並べたときにテーブルの表面がガタガタになっちゃう。
早速東急ハンズに行って
1ミリとか2ミリ厚の板を調整用に購入。
さすがハンズ、なんでもあるねー。

で、スーツケースの半分を木材で埋めてパリに戻りました。(汗

パリの東急ハンズ的デパート BHV ベー・アッシュ・ヴェー
土台にする板を選んで希望サイズにカットしてもらったのですが
オモ〜ィデカ〜ィ板、メトロで泣きそうになりながら家まで運びました。
仕上げ用の光らない防水ニスや、アンティーク調の塗料も BHV で。
さすが Bricolage ブリコラージュ (日曜大工) の国フランス、
そういうもんはいろいろ揃ってて、色のチョイスとかもいい感じ!

んで土台の板の上にパッチワーク開始。
ピッタリハマるように切りそろえるのも大変。
アンティークな風合いを損なわないよう
釘もちゃんと錆びたものを使用しました!



ジャーーーーン ☆ できあがり! 
180x55cm。



思った以上の仕上がりでご満悦。

再入院した母を見舞いにまた帰国したときに
この写真を見せたら、とても喜んでくれたのを思い出します。

ちょっとお涙頂戴になったところで ☆=the=E=N=D=☆(笑



一日一ポチ。( ・ω・)σ クリック!
人気blogランキングにご協力をお願いします!
Permalink | comments(10) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

..☆*。Merry Christmas ! *°☆..

category: 作品 Mes Œuvres | author: NEPOJA
           ○
          |\
           _____    
        ・+.(*° д °*)゜+.゜ メリー クリスマス !!
           (  つ(\
     ,.。+☆(\_ノ(___)⌒ ⌒ヽ
   +☆;+*;+ ) ____ ・_つ
  +゜+.゜;+☆;+(/+   (/
+゜*☆*.+.":。。+゜
+゜+.゜*",+*""
゜+☆'+*"
+。.'+"
。*☆+
;'+"



↑ 毎年(?)恒例のオリジナル・グリーティング・カード、
今回はこんなのを作りました!

                    / ̄ \
                __0⌒>   ヽ
               /    ∩⊂ニニニニニ⊃∩
             /     | ノ    ヽ  
            |     /  ●   ● |
            |     |    ( _●_)  ミ
            |    彡、   |∪|  、`\
            |   / __  ヽノ /´>  )
             \  (___)   / (_/
               \   |      /   
                 ̄ ̄|  /\ \    
                  | /   )  )   
☆MERRY☆CHRISTMAS☆ ∪    (  \   
                        \_)



実家にあるアメリカ製巨大クリスマスツリー、
マンションに引っ越してから設置する場所もなく
何年も日の目を見てなかったのが、
今年やっと妹夫婦宅で再登場!盗られた〜☆(´Д`*)
フランスから持ち帰ったアンティーク脚立も盗られた〜☆(´Д`*)


 パリの我が家は
 ツリーも何もないので
 ドイツ風に窓辺を装飾。

 ライトはハロウィン用の
 ガイコツがピカピカしてる
 やつなんだけどね。





クリスマスと言えばシャンパンですが(?)
こないだ Hediard エディアール で見かけた
Veuve Clicquot ヴーヴ・クリコ の Traveller トラヴェラー

保冷効果のあるネオプレーン素材のバッグの中に
シャンパン1本とシャンパングラス2個が入ってます。

楽天市場へのリンク、興味ございましたら画像をクリックしてみてください。

エディアールでも約1万円で、かなり迷ったんですが
デジカメも iMac も買い替えたばかりで金欠なのでガマン。

で、eBay オークション を覗いてみたら
ケースとグラスのみで出品してる人を発見!
シャンパンは飲んじゃったんでしょうね〜 Ψ(`∀´)Ψ

シャンパン抜きで、2500円にてゲット☆
パリ近郊在住の出品者さんだったんで、
直接取りに行って送料とか代金振込手数料もナシ。

今年下ろしたフィレンツェで買った手袋と
ロンドンの蚤の市で買ったドイツカラーのマフラーを合わせて
ピクニックと洒落こみたいもんです。

         ..◇・。..☆*。
   ゜゚・*:..。.。★◎@ ○☆。..:*・゜
 ゜゚・*:..。.。◇@☆*・゜★。。.:*・☆*・。..:*・゜
。..:○★◎☆。∂∇。★◎*・゜゚。◎★
   ◎☆◇☆。*・.。..☆◎。.:☆◇*.....。
  ゜゚・*:..。.*・☆◎。__☆◎*・。..:*・゜ ゜   
        \      /       
          \   /
       ∧_∧ \ /   
  乾杯!  (´・ω・`) …∞.:*・゚☆.。.:*
      /つ つ ▽ ▽ ▽ ▽ ▽  
    〜(  ノ  | | | | |
     しし'.  ⌒ ⌒ ⌒ ⌒ ⌒

Je vous souhaite un tres joyeux noel
et une excellente annee 2007 ☆



来年も ポチッ と クリック( ・ω・)σ お願いします!
人気blogランキングにご協力を!
Permalink | comments(2) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

(*・ω・)ノノ⌒☆ クロコ財布 ☆

category: 作品 Mes Œuvres | author: NEPOJA
こないだのブログのつづき。

<あらすじ>
アパートの前の運河沿いでたまたまやってた蚤の市で
ちっちゃなカイマンワニがそのまま付いた
悪趣味オバちゃんバッグを衝動買い。
さてそれを NEPOJA はいかに料理するか?


(●・ω・)(・ω・◎)(○・ω・○)(◎・ω・)(・ω・●)

クロコ部分だけを使用したかったので
ババァバッグは解体!
縫い目をリッパーで切って…
っていうか解体して気付いたのは、
もとのバッグの写真を撮り忘れたこと!
時すでに遅し… ( ゚Д゚)マンマミア♪

僕が買ったのはもっとババくさかったですが
似たようなバッグの写真が載ってるブログを発見!
イタリアよもやま話

もとのバッグの前胴側と背胴側で
カイマン君がちょん切られてたのでそれを再び縫合。
しっぽ側の方はフラットに開かれた状態だったので
内側に丸めこんで縫い合わせてしっぽを再現!



で、留め金具が壊れて使ってなかった
元お気に入りの財布と合体させました!
ちゃんとロウ引きしたタコ糸でクロスステッチがけ。
金具もバッグから移し替えて対応。


財布を開いた図、外側。ヒイィィッ (´Д`*)


財布を開いた図、内側。ビヨ〜ン!(´¬`*)


デキタ━━☆゚・*:。.(。A。)━(°∀°)━(。A。)゚・*:.:☆━━コニャチワ!!!!

一気に仕上げないと、途中で止めてしまうタチなので
4日間ノンストップでしたがスゴイのができました!
革もの、しかもワニなので失敗は許されないし、
いろいろ試行錯誤するのに時間がかかったかも。

自分のボッテガ・ヴェネタのバッグに付属してる
ちょうどいい細い革のストラップがあるので、
それを付ければクロコポシェットにも変身!! ┐('〜`;)┌


(:.;°;Д;°;.)

このカワイイ(?)クロコちゃん、ただいま名前募集中!!



努力に免じてポチッと( ・ω・)σ
人気blogランキングにご協力を!
Permalink | comments(8) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS