シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

誕生日会と引越しパーティー☆

category: パリのレストラン Restaurants Parisiens | author: NEPOJA
正月三が日が終わるとすぐに一つ年を取るのが我が人生。

先月引っ越したばっかりなのに
クリスマスも年末年始もパリにいなかったので
新居の片付けに追われて誕生日どころではなかったんですが
(6日に新年会を兼ねたパーティーを開催することが決まっていたし)
当日の夜、友人たちがサプライズディナーに誘ってくれました!


拉致連行された場所は、昔紹介したことのある



リニューアルしたようで、内装が変わってました。
でリニューアルしたのはインテリアだけでなくプライスも!
オープン当時は夜で3品32ユーロのコースがあったのに
今は前菜2種・メイン・デザートのフルコース的な59ユーロ〜。
量もとってもお上品になっていました。(笑
上の写真は前菜の前に Amuse-bouche アミューズ・ブッシュ として
供された牛とマグロとビーツのタタキ。
おいしかったけど500円玉サイズ…



前菜。素敵な盛りつけ!カニクリームの泡とかオサレ系。



メインは鶏でした。カメラに収める前に
先にちょっと胃に収めちゃった。


 

デザートにモンブランを頼んだら、キャンドル代わりに花火が!(爆



高級ディナーをごちそうになった上、
素敵なブーケとアスティエ・ド・ヴィラットのお皿を
プレゼントしていただきホクホクでした。MERCI !!



そして6日金曜日の夜…
なんとか形だけ新居の片付けを済まし、
シャンパン1ケース12本と軽食を準備。
40人以上が集まって賑やかなパーティーとなりました。


サックスとコントラバス持ち込みで
ミニコンサートもあったり、ほんと楽しかった!



毎年恒例となりつつあるゲストたちの記念撮影会。(去年おととし
今年のアクセサリーは nain de jardin、小人くんです。
参加者全員撮れなかったのが残念。



さてパーティーの翌日。
空いたシャンパンボトルの数を数えてみたら、ちょうど20本☆

シャンパンだけでなく中途半端に空いた赤ワインのボトルも
何本か残っていたので、現在 Bœuf Bourguignon ブッフ・ブルギニヨン
(牛肉の赤ワイン煮)を仕込み中…!





↑ みなさんありがとう! 応援 クリック も毎度ありがとうございます。
 ( ・ω・)σ 人気ブログランキング にご協力を〜

「 Paris Photophile 」もよろしく〜★
Permalink | comments(6) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

L'Ebauchoir(レボショワール)ランチのすすめ。

category: パリのレストラン Restaurants Parisiens | author: NEPOJA
前から紹介しようと思ってたお気に入りのビストロ、
L'Ebauchoir(レボショワール)。



パリガイドでもよく紹介されているお店のようですが、
観光客はあまり見かけない、地元密着型のビストロ。




家から歩いて5分とかからない場所にあるので
ちょっと外でしっかりランチしたくなったときに重宝◎




気軽に行ける理由は、前菜・メイン・デザートの
ランチメニューがなんと13€50だから!
しかも何品もチョイスがあります。
前菜かデザートをはしょると12€。




メニュー内容は日替わりですが、
よくランクインしているのはビストロ料理の王道、
ニシン(hareng)のマリネ。あ、これ前菜です。




スモークサーモンもいいね。




黄色い壁に床のタイル柄が映える、
オーセンティックなフレンチ・ビストロ的空間。




広い店内の一番奥には大きな鏡もあって、
もっと広く感じられます。




メインはガッツリ肉料理を!
(1年以上前の写真なので、何だったか忘れたけど、
 何食べてもウマイのです☆)




お肉がホロホロ崩れる煮込み料理も最高!




デザートはおなかの空き具合と相談して決めればいいけど、
余裕があればタルトとか…




もっと余裕があれば、Riz au Lait リ・オ・レ はいかが?
その名の通りお米をミルクで煮た、ライスプディング。
お米が甘いのはどうも… という向きには
Crème Caramel クレーム・キャラメル 、普通のプリンという手も。




カフェにもミニ焼き菓子がついてくるのが嬉しいです。


パリに来たら、是非ランチしに行ってみてください!

L'Ebauchoir
43-45 rue de Citeaux
75012 Paris
TEL: +33 (0)1 43 42 49 31
最寄り駅:Faidherbe Chaligny
月曜昼・日曜定休





↑ おなかが減ったら ポチッ と
 ( ・ω・)σ クリック 
人気ブログランキング にご協力をお願いします!

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(4) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

Passage 53 @ Bistro Paul Bert

category: パリのレストラン Restaurants Parisiens | author: NEPOJA
公私ともに多忙につき、ブログの更新がままならない今日この頃です…
前回の日記のお花見より前の話題なんですが、
4月4日月曜日に近所の人気ビストロ、Paul Bert(ポール・ベール)で
開催されたチャリティー・ディナーに参加したときのことでも。
東日本大震災で被災した日本の子供たちを支援するという目的の
チャリティー・ディナー。


その前の週末に Paul Bert に食べに行った友人から
チャリティー・ディナーの噂を聞きつけたのが前日日曜日。
Paul Bert は日・月定休だから電話もつながらないので
当日の午後にお店に行って直接予約を試みました。


予想どおり予約でいっぱいでしたが、
外の席ならなんとかなるかもしれないとのことだったので
ダメもとで夜8時半頃出直し。

 

なんとかテラス席に座ることができました!
(ここ1〜2週間のパリは気温20〜25℃であっついんですが、
 このときはまだまだ寒かったんで、
 テラス席対策にファー付コートで臨みました!)

席について初めて知ったのが、この日のディナーは
Paul Bert のシェフだけによるものでなく、
パリ2区にあるミシュラン2つ星レストラン「Passage 53」の
佐藤伸一シェフとのコラボレーションによるもの。


前菜2品は佐藤シェフによるもの。
まず、生牡蠣の上に Haddock と呼ばれるタラ系の魚の薫製のクリーム、
キャビアをあしらった一品が。いきなり幸せになっちゃいました。

日本人のボランティアスタッフの方が何名もいらっしゃって、
同じ日本人のよしみか至れりつくせりの対応をしていただき
自分は何もせずただおいしい料理をいただくばかりだったので
ちょっと恥ずかしかったです。

 

佐藤シェフによる2品目は Langoustine(手長エビ)の上に
カリフラワーの薄いスライスが盛られていました。
彼のレストラン「Passage 53」にいつか行ってみたい!
オープンした翌年にミシュラン1つ星獲得、
その次の年に2つ星に昇格というのだからスゴイ。

ところで、このチャリティー・ディナー参加費150ユーロというのも
席に付いて目の前のポスターを見て初めて知ったので
庶民的にはビックラこきました。(笑
でもその150ユーロは直接赤十字への小切手として
支払う形で、ディナーを楽しみつつ募金ができるので
素晴らしい企画ですよね!

ま、道理でパリ料理業界の有名人ばかりが集まっていて
なんだか自分はちょっと場違いな雰囲気だったワケです。



メイン系2品はいつもの Paul Bert の料理でガッツリビストロ系です。
まず鳩肉をキャベツとベーコンで巻いたものが。
ミシュラン星付き系の繊細なお料理の後では
ついつい比べたくなってしまいますが、
また別物として考えれば好き。

 

お肉料理2品目はかなり胡椒のきいたコッテリソースの牛ステーキと
フレンチフライ。
(お肉は1/3くらい食べた後で写真を撮ってなかったことに気づいたので
 触ってない部分の拡大写真になりますww)

食前にいただいたシャンパンも、食後のチーズやデザートにカフェ、
グラスワインもお水も全部コミコミだったので大満足でした。

 

デザートは Paul Bert の十八番、パリ・ブレスト☆
カフェには Pierre Hermé(ピエール・エルメ)のチョコが!


なんでピエール・エルメのショコラが?って思ったら、
なんのことはない、エルメ氏本人もディナーに参加していました。
右端の大きな方ね。チョコは差し入れだったんだね。ありがとう!


Paul Bert については過去日記もご参照あれ。


自分たちが食べ終わったのは午前0時くらいでしたが
その時間から席につくなんだか偉そうなオヤジたちの
ビッグテーブルがありました。お店の方、お疲れさまです!

そしてこの日の収穫は、同じ Paul Bert 通りにある
ワインショップの Crus et Découvertes にいらっしゃる
日本人の方に「ブログ見てます!」って声をかけてもらったことと、
レストランでルポタージュのお手伝いをされていた
パリの著名ブロガー、アイコさんとお近づきになれたこと!
とっても素敵な時間を過ごさせてもらいました。






↑ Don't give up Japan !!
人気ブログランキング へ ポチッ と ( ・ω・)σ クリック 

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(6) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

Caves Saint-Gilles でスペイン気分◎

category: パリのレストラン Restaurants Parisiens | author: NEPOJA
パリでスペイン料理が食べられるとこって
ありそうでないのか、なさそうであるのかよく分からないけど、
マレ地区ヴォージュ広場近くにある
Caves Saint-Gilles(カーヴ・サン=ジル)はポピュラー。

マレ中心部でまともな夕食、ってことになると
結構チョイスがなかったりするので
じゃ、あのタパス屋行こっか?みたいになることが多いです。

場所柄か、タパスにしては値段が高めなのが残念だけど!
(お会計は適当なビストロで食べたのと同じくらいになるので)
タパスは5.5€から、でもイカリングフライは17€とかだったと
記憶しています。(ちょっとつまみたい程度なので断念。涙)
大勢で行っていろいろ頼んで分けた方が楽しそう。
あ、でもフランス人と行ったらシェアしないか…(爆




さてさてスペイン料理店に来たら、やっぱ気分はサングリア!
夏に来るときはピッチャーでオーダー、
飲み易いサングリアをガブ飲みして
自分も真っ赤になっちゃうんですが、やめられない止まらない。




テーブルに埋め込まれたタイルや、
壁のタイル、ポスターなんかがスペインぽさを増長!
なかなかいい雰囲気を醸し出しています。




この日は早い目の時間帯に行ったので空いてましたが
週末の夜とかはいっつも遅くまで混んでいます。




この晩も週末だったので、
土・日と休日のみメニューに登場するパエリアにしました!
でもパエリア一皿で21€ってやっぱいい値段だよね。(しつこい)

味は悪くなかったんだけど、
パエリア鍋でアツアツのを出して欲しかった!
あらかじめ大鍋で作ってあるようで、
それを電子レンジかなんかで温めなおしたのかも??
あったかいとこと冷めてるとこのムラがあって
全体的に冷め気味だったのが日本人的にはNGでした。
この日はアンラッキーだったのかな。


Caves Saint-Gilles
4, rue Saint-Gilles
75003 Paris
TEL: +33 (0)1 48 87 22 62
最寄り駅: Chemin Vert





↑ Ay que viva la sangria!! ポチッ と
( ・ω・)σ クリック!
人気ブログランキング にご協力を☆

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(10) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

SOYA でオーガニック・ブランチ!

category: パリのレストラン Restaurants Parisiens | author: NEPOJA
サン・マルタン運河からちょっと脇道に入って、
Parmentier パルマンティエ 駅の方に抜ける小道に
1年程前にオープンしたオーガニック系カフェレストラン。



Vanessabruno ヴァネッサブリュノ のオフィスが同じ並びにあって、
ときどき行くことがあるのでその度に気になってたこのお店。
昼時に通るといつも混んでいるし、
ロフトっぽい造りの店内が好み!

そんなある日、友人T子ちゃんが
「お勧めの店あるからブランチしに行こ、
 ベジタリアンだけどおいしいの!ブログネタにいいよ!」と
誘ってくれたのが、ズバリこのレストラン、SOYA(ソヤ)でした。



昼と夜の営業、しかも毎日オープンみたいですが
(但し月曜夜・日曜夜はクローズド)、
土曜日と日曜日のお昼はバイキング形式のブランチを
やってます。単品アラカルトのオーダーも可能でしたが
ちょっと奮発してブランチ。
23€50でミックスフレッシュフルーツジュースと
スープやラザニアなんかもある数々のオーガニック野菜料理、
デザートのケーキにカフェと飲み放題のお茶がいただけます。



マクロビオティックとかオーガニックとか
菜食主義者でもないので全然興味ないし、
ヴェジタリアン系のレストラン?ってバカにしてましたが
予想に反する充実した内容で大満足でした!
ヒヨコ豆のペースト hummus があったり
結構レバノン料理入ってます。



混むのでちょっと早めの時間に予約しておいて正解!
まだ人も少なめでゆっくりバイキングできました。
(早めといっても12時の予約ですが、
 ほらフランス人のお昼って1時頃スタートだし☆)



バイキングコーナーの手前に並んでいるのは
ケーキ類です。お腹いっぱいだけど全部食べたい!



で、こんな感じにちょこっとずつ盛り合わせ。



デセールの頃には広い店内も満席に!
でも天井が高いから窮屈な感じがしなくて気持ちいいです。




こちらは別の日に食べたランチ。
Vanessabruno に行く用があって、
その後腹ペコだったので午後3時過ぎてたけど飛び込み。
「サラダなら作れるよ」とのことだったので発注。
(お昼は3時半閉店のようです。)
ワカメのサラダやアボカド、トピナンブール(キクイモ)に
ブロッコリなどが入っててボリュームたっぷりでした☆
メイン1品とカフェのセットで13€50だったかな。

別にオーガニックにこだわっているから、とかじゃなく
単においしい野菜をたっぷり食べられるから
これからもどんどん利用させてもらいます!




Soya Cantine Bio
20, rue de la Pierre Levée
75011 Paris
TEL: +33 (0)1 48 05 13 00
最寄り駅: Parmentier / Goncourt / République





↑ T子ちゃん情報提供アリガトというわけで
( ・ω・)σ クリック!
人気ブログランキング にご協力を☆

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(4) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑
PREVIOUS ★ 前 NEXT ★ 続き
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS