シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

Helsinki ☆ ヘルシンキ 【観光編】

category: 北欧 Pays Nordiques | author: NEPOJA
ヘルシンキ3日目、ストップオーバー最終日。
いよいよ夕方のフライトで日本に飛びます。



今回泊まったのは港に面した Scandic Grand Marina
ホテル予約サイトでお得な感じだったので。



この日はちゃんと朝食にありつけました。
朝食バイキングの内容が豊富でついつい朝から食べ過ぎるハメに!
外のテラス席でマッタリしました。




最終日にやっと駆け足で名所観光をします。
こちら、ホテルのそばにあるウスペンスキー寺院
(Uspenskin Katedraali)。



なんだかロシアっぽい建築だと思ったら
やはりロシア正教の教会でした。

 

こういうのも初めて見ましたが、ロシア正教ならではのものなのかな。




こちらはヘルシンキ大聖堂(Tuomiokirkko)。
手前に写っているのはトラムの電線です。




お次は国立現代美術館キアズマ(Nykytaiteen Museo Kiasma)へ。



アメリカの建築家スティーヴン・ホール(Steven Holl)設計です。




企画展では、フィンランドの過去の大統領、
ウルホ・ケッコネン(Urho Kekkonen)の肖像画などが。


 

メタリックなこの絵、近づいてみたら材料はホチキスの芯でした!




壁一面に飾られた人形は…

 

一個一個が笑えます☆


 

いろとりどりのテープのオブジェは、中に入ってもOK。


ま、そんな感じでバタバタと観光した後、まだ時間があったので
トラムで街の南に出て、カイヴォプイスト公園(Kaivopuisto)内にある
カフェ・ウルスラ(Café Ursula)へ。



海に面した、気持ちのいいテラス席。
ここも「かもめ食堂」のロケ地なんだそう。
あ、でも客が席を離れたテーブルには、
すぐカモメがやってきて残飯あさりをしてました…(汗



そしてカイヴォプイスト公園にはカモの大群がいました。




というわけでそろそろ空港に向かいます。
バイバイ、ヘルシンキ!


 

唯一買ったおみやげは、革でできたハエタタキ。柄の部分は鹿の角。
パリの自宅にハエは滅多にでないし、
そもそも虫をつぶして殺したりするの苦手なんで単なる飾りです◎


ヘルシンキから成田までは9時間半のフライトなので
パリ→成田より2時間以上も短くってラクチンでした。
時間に余裕があれば、ヘルシンキでワンクッション置いてから
日本に行くってのも悪くないですね。



というわけでヘルシンキ紀行終了。
ポチッ と 
( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(2) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

Helsinki ☆ ヘルシンキ 【かもめ食堂とスオメンリンナ島】

category: 北欧 Pays Nordiques | author: NEPOJA
ヘルシンキ2日目。
なんか北欧だから夏でも寒いかなと思ってましたが
ラッキーなことに滞在中ずっと晴天続きでちゃんと暑かったです。


ホテルの朝食を楽しみにしていたのに、
パリとヘルシンキで1時間の時差があることをすっかり忘れていて
パリ時間で目を覚ましたときには既に朝食は終了後…(涙
しかたなくエスプラナーディ公園の港側にある、
ちょいレトロなカフェでカフェラテを。


ガラス張りの気持ちいい空間です。
外のテラス席では朝からビールの方々で賑わってました!



そしたらもう昼時だったので、ヘルシンキの日本人のメッカ、
噂の「かもめ食堂」に行ってまいりました。


なーんて、実は「かもめ食堂」って映画のことは全然知らなくって、
ヘルシンキ情報をネットで出発前に調べてて初めて知ったんです。

2006年の日本映画で、小林聡美・片桐はいり・もたいまさこ主演、
物語の舞台となったのが、この現存する食堂なのです。
ただし「かもめ食堂」という日本食屋ではなく、
実際は Kahvila Suomi カハヴィラ・スオミ というカフェ・レストラン。


ランチセットが安くておいしいと評判だったので
とりあえず行ってみたんですが、なかなか良かったです。
フィンランド語表記はチンプンカンプンなので英語で説明してもらって
シュニッツェル(トンカツ)にしたら、結構自分好み。

Kahvila Suomi
Pursimiehenkatu 12
00150 Helsinki
TEL: +358 (0)9 657 422



お昼を食べたら、マーケット広場(Kauppatori)のある港から
スオメリンナ島(Suomenlinna)まで、ちょいとクルージング。
スオメリンナ島、特になにがあるという訳でもないんですが
ユネスコ世界遺産にも登録されている、島全体が公園のようなところ。
島にちょっとピクニック、といった感じのカップルが微笑ましいです。


(乗ったのは小さめの船ですが)こ〜んな大きな船も見かけました。
バルト海に面したヘルシンキ、海を渡れば対岸はエストニア。
エストニアの首都、タリン(Tallinn)に行く船のようです。
同じくバルト海に面しているロシアのサンクトペテルブルグも
一度訪れてみたい場所。

 

さてさて、スオメリンナ島。
島内を散策していたらこんなミニミニ・ビーチに辿り着きました。
長靴をはいたカモメのオブジェの上に本物のカモメが☆


先着20名様限定ビーチといったところでしょうか。



かつて戦争の舞台となったので物々しい要塞壁が島には残っており、
こんな大砲もありました。


大人も子供もなぜかみな穴に顔をつっこんでました(男子限定)。

愛読ブログの降っても晴れてもパリ。に以前書かれていた
大砲にまつわるエピソードを思い出したのでリンクしときます!



のんびり泳ぐカモの親子を尻目にそろそろヘルシンキに戻ることに。


7時過ぎくらいだったかな、まだまだ日は高いです。


船上でたそがれる女性のタトゥーに目が行きました。


日本語だし! お と め 座 !! ( *´艸`) プッ
ていうか本人何が彫られているのかをちゃんと理解しておらず
実はおとめ座じゃなくってさそり座とかじゃないことを切に願わん。

(そしてそれを撮っている NEPOJA は痴漢紙一重?
 みなさん、NEPOJA にいつどこで盗撮されて
 ブログで祭り上げられているかもしれないので要注意☆)



さて、ヘルシンキの街に戻ったら、
アカデミア書店(Akateeminen Kirjakauppa)内にある
カフェ・アアルト(Cafe Aalto)へ。
ここも先述の「かもめ食堂」の舞台となったところだそうで、
日本人観光客が誰か一人は必ずお茶してます。


ほら。(・∀・ )
しかも「かもめ食堂」の映画を観たこともないのに来てるし。(爆


とりあえず、お茶したかったということで。

Cafe Aalto
Akateeminen Kirjakauppa, 2. krs
Pohjoisesplanadi 39
00100 Helsinki
TEL: +358 (0)9 121 4446



晩ごはんは、エラインタルバ湾に面したレストラン、
まず、フィンランド名物のサーモンクリームスープを。


メインには「おばあちゃんのミートボール」なるものを。
お店の内装はちょっとパブっぽいというか、山小屋風でしたが
料理は結構おいしかったです。

Ravintola Juttutupa
Säästöpankinranta 6
00530 Helsinki
TEL: +358 (0)9 7424 240


ツヅク。



 長くなりましたが、ポチッ と ( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

Helsinki ☆ ヘルシンキ 【アラビア・イッタラ】

category: 北欧 Pays Nordiques | author: NEPOJA
ゴブサタしております。
やっとパリに戻ってまいりました。
ブログ放置してすみません!
(もう書き方忘れかかってる…)

てなわけで夏の旅行シリーズが当分続くことになりますので
あしからず!

今年の夏は日本にゆっくり滞在するついでに
香港の友人を訪ねたかったので
パリ・東京・香港の3都市を周遊できる
なるべく安いフライトチケットを探して見つけたのが
フィンランド航空(Finnair)でした。

パリ→ヘルシンキ→東京→香港→ヘルシンキ→パリ
という行程(東京→香港のみキャセイ使用)で
1300ユーロだったので、まあ上出来かと。
(チケット予約したの7月に入ってからだったし!)

初のフィンランド航空、ヘルシンキも初めてだったので
行きに2泊3日ストップオーバーしてきました。

☆☆☆


ヘルシンキの街に到着したのが昼時だったので
そのまま「BANK」に直行。


その名の通り、かつて銀行として使用されていたビルが
そのままセルフサービスの食堂レストランになっています。


モダンで広々としてていいんですが
肝心のメシのマズさにビックリ☆
取り放題のパンとクリームチーズはおいしかったので
そればっか食べてました…

Bank
Unioninkatu 20
00130 Helsinki
TEL: +358 (0)9 1345 6260



ホテルにチェックインしたら、
いきなりアラビア・イッタラのアウトレットへ行くことにしました。
上の写真、ヘルシンキ中央駅の目の前から6番トラムに乗ります。


こちらトラムの中、
手すり用支柱にミニテーブルが一体化しててかわいいです。


 

ジャーン、ARABIA社ファクトリーに到着。
(煙突に登ってる人がいたので拡大しときますです。)

ヘルシンキに行くと言ったら、
妹から速攻でショッピングリストが送られてきたんですが、
それがアラビア社イッタラのムーミン柄マグカップだったんです。

 

で、こんなの↑をゲットしてきました。
「あったらお願い!」とリストアップされていた
モノクロムーミン柄の枕カバーもアウトレットで売ってました。

Arabiakeskus
Hämeentie 135
00560 Helsinki
TEL: +358 (0)2 0439 3507


最初にアウトレットで見つかるものを安くゲットしてから
ヘルシンキの街なかのイッタラのショップで
足りないものを探せばいいやと思っていたら、
アウトレットでお買い得なのはB級品だけで、
他の商品はかえって街なかのショップや空港ショップの方が安かったり…



ま、それはさておき。
アウトレットをあとにして、またトラムで街に戻ります。
途中、地下鉄駅が見えたので、トラムを降りて
ヘルシンキの地下鉄にも乗ってみました。



こちらは地下鉄の中にあったトイレ。
倉庫とかにありそうな冷凍庫っぽくて
入ったら二度と出て来れなさそう!(笑




市民の憩いの場、Esplanadi(エスプラナーディ公園)。
公園をはさんで平行に伸びる通りには Iittala とか Marimekko とか
フィンランドを代表するお店がたくさん。


カモメさんたちが仲良く整列してました。



エスプラナーディ公園の前のカフェテラスで休憩。
ライム風味のレアチーズケーキをおやつに!



夜ご飯は、フィンランドの伝統料理が食べられるという
Ravintola Sea Horse ってところへ。
夕飯時にしては明るいですが、
ここは夏の北欧、夜の11時にならないと暗くならないのです!


食べたかったニシンのフライは売り切れで、
代わりに別の小魚で作ってくれました。
てか、すごい魚の量!数えたら19匹もありました。
でもおいしかったので頑張って完食◎

Ravintola Sea Horse
Kapteeninkatu 11
00140 Helsinki
TEL: +358 (0)9 628 169


ヘルシンキ1日目はこんな感じでした。

ツヅク。



ほんとに久しぶりでゴメンナサイ。
どうか ポチッ と
( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

コペンハーゲン行ってきたよ ☆ その3

category: 北欧 Pays Nordiques | author: NEPOJA
コペンハーゲン旅行記最終回は夜のチボリ公園からスタート。



クリスマスマーケットで有名な Tivoli(チボリ公園)
コペンハーゲン中央駅のすぐ隣。

夜行った方がいいよ!と宿の人が教えてくれたので
日が暮れてから行ってみたら、なるほどイルミネーションが綺麗!
入場料をしっかり取られたので、お高い公園だと思いきや
ジェットコースターとかのアトラクションもたくさんあって遊園地状態。
園内の地図がホームページにありました。


キラキラ輝くクリスマスツリーとハートの照明がちりばめられた木。


Taj Mahal(タージマハル)?


公園内の池からの眺め。

 
四重の塔は中華料理レストランでしたww
右は頭上高く昇って行くメリーゴーラウンド、Star Flyer スター・フライヤー!

この恐ろしいメリーゴーラウンドに挑戦してみました!
スキーのリフトみたいな椅子がチェーンでぶらさがっているだけ。
それに乗ると地上80mの高さに吊り上げられ、
時速70kmのスピードでクルクル回り始めるのです!!
コペンハーゲンの夜景が見られるし!と思って乗ってみたら
それどころじゃなかったです…☆



本当はポケットを空にして手ぶらで乗んなきゃいけないんだけど
デジカメだけこっそり持ち込み。
落とさないように必死に握りしめて撮ったのが上の動画です。
かなり長〜い間回転し続けるので、最後の方は拷問状態。
おなかが気持ち悪くなりました!!


Swing Carousel(スウィング・メリーゴーラウンド)も
結構激しいメリーゴーラウンドです。

一通り遊んで小腹も減ったのでチボリを後にして外へ。


ハデな照明が目を引いた市庁舎前のビル。

夕食は日曜日だったせいか適当なレストランが見つからず
行き当たりばったりに入ったお店でトマトスープと
スモークサーモンのオープンサンドイッチを。

 
北欧だからスモークサーモン喰っとけば間違いないでしょってことで。

で、まだなんだか口さみしかったので
街なかの Café Norden へ。


イチゴタルトとカフェラテでデザートタイム♪



時間が遅かったせいか、2階部分はもうクローズしてましたが
なかなかいい雰囲気のカフェです。



Café Norden
Østergade 61
TEL: +45 33 11 77 91



最終日は午後のフライトだったので昼頃まで観光☆


Rundetaarn(ラウンドタワー)
Trinitatis Kirke(トリニタティス教会)。


Frederiks Kirke(フレデリック教会)。
通称 Marmorkirken(大理石教会)と呼ばれる美しい教会。


ランチはコペンハーゲン名物のオープンサンドイッチを食べに。
オープンサンドイッチは、デンマーク語で Smørrebrød スモーブロー。


有名店 Ida Davidsen イダ・ダヴィッドセン に参上。


芸術的な盛りつけのスモーブローがズラリと並ぶショーケースの前で
どれにするかみなさん迷っています。


自分はウナギの薫製とスクランブルエッグのやつを。
こいつはウマかったです!

ちなみにレシートには røget ål / røræg とあったので
røget ål = smoked eel、
røræg = scrambled egg と理解。

食がイマイチだな〜と思っていたコペンハーゲン、
なんとか有終の美を飾れました。
まぁ、スモーブロー1個とガス入りミネラルウォーターで
2500円近くしたので決してお安くはありませんが…(北欧プライス!)

Ida Davidsen
Store Kongensgade 70
TEL: +45 33 91 36 55



最後に、世界三大ガッカリ名所のひとつとして知られる
Den lille Havfrue、人魚姫の像をアップします。(●・ω・)ノ





ポチッと( ・ω・)σ 1日1click!
人気blogランキングにご協力をお願いします!

Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

コペンハーゲン行ってきたよ ☆ その2

category: 北欧 Pays Nordiques | author: NEPOJA
コペンハーゲン2日目。

初日はフライトの時間の関係で朝4時半起きだったので疲れてたし
目覚ましもかけずに寝たので起きたら11時過ぎてました…(汗
モタモタしてるとすぐ日暮れなので慌てて準備して外へ!


宿のそばのカフェ、Granola へ。

地元の若い子たちに人気といった感じのかわいいカフェ。
窓から見える絵本のような壁画もいい感じ。

 

 

アイスクリームがおいしいとの噂なので是非お試しあれ。
そのアイスクリームにエスプレッソやミルクを加えて作ってくれる
「エスプレッソ・ミルクシェイク」がウマかったです!

Granola
Værnedamsvej 4
TEL: +45 33 25 00 80




バスで街の中心部、Kongens Nytorv(王の新広場)へ。


Det Kongelige Teater(王立劇場)があります。


広場の中心には円状のスケートリンクがあって
大人も子供もスケートを楽しんでいました♪


観光用の汽車が広場を通りかかったのでパチリ☆
後ろに見えるのは Magasin du Nord というデパート。




広場脇の Nyhavn ニューハウン という運河沿いの道には
歴代の消防車がズラリと勢揃い。



その並びにクリスマスマーケットが開催されていました!


チビッコサンタクロース☆彡


少女鼓笛隊♪

 
いろんな格好の人たちがいたけれどクリスマスパレードかなんか?


早くも日は暮れ始めてきたので、ブラブラ歩きはやめて
Statens Museun for Kunst(コペンハーゲン国立美術館)へ。


広々とした空間が気持ちいいカフェがあったので
昼メシ食べそびれてたしとりあえず直行!


写真撮ってたら子供たちが大はしゃぎ。(^Д^)

 
ブランチメニューがあったので頼んでみたら、
朝食セットという感じでかなりライト。
プレートとかマグカップとか椅子とか北欧デザイン入ってますね〜☆

カフェでマターリ (´ー`)旦~ していたら、もう閉店時間だって!(汗
美術館も同じく午後5時閉館で、何も見られませんでした。(´Д`*)

Statens Museum for Kunst
Sølvgade 48-50
TEL: +45 33 74 84 94



仕方ないので外へ出て、バスを乗り継いで Christianshavn エリアに。
66番バスの終点で降りると、
オペラハウスが運河沿いにドーンと聳えたっていました。


2005年に開設した超近代建築!


劇場部分が木の箱船みたいな感じで、それをグルリと囲む
ガラス張りの外壁と通路がかっこよかったです。


シャンデリア代わり(?)の特大ミラーボールもナイス◎

Operaen
Ekvipagemestervej 10
TEL: +45 33 69 69 33



この後はクリスマスマーケットで有名なチボリ公園に向かったのですが
次回の日記にて紹介することにします!

☆★☆



ポチッと( ・ω・)σ 1日1click!
人気blogランキングにご協力をお願いします!

Permalink | comments(2) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑
PREVIOUS ★ 前 NEXT ★ 続き
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS