シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

香港 【大嶼山(ランタオ島)の天壇大佛】

category: 香港 Hong Kong | author: NEPOJA
夏休み日記ようやくフィナーレ(もう11月半ば過ぎですが)。

8月19日香港最終日、ヘルシンキに発つ便は深夜だったので
普通に観光。(あ、帰りのヘルシンキはトランジットのみで
同日中にパリまで戻りました。)

中環(Central)からフェリーに乗って
香港国際空港のある島、大嶼山(Lantau Island)へ行きました。
お目当ては寶蓮寺(Po Lin Monastery)にある
世界最大級の青銅製屋外座仏像「天壇大佛(Tian Tan Buddha)」。

フェリーはランタオ島の梅窩(Mui Wo)に到着、
そっから昂平(Ngong Ping)行きのバスに乗ると
寶蓮寺のある山の上まで辿り着けます。



到着!頭の上に大仏さんがいらっしゃいます。




雲が低くたちこめ、ちょっと神秘的?




こんなウェルカムワンコがいました。あられもない姿…(笑




さてさて、真下まで辿り着きました。




ベタな記念撮影しながら長い階段をゆっくりのぼります。




宇宙と交信しているかのような高貴な大仏さま。迫力あります!
台座を含めると高さ34m。鎌倉の大仏さんより20mも大きいとは!




グルッと大仏さんのまわりを一周。




こんなお付きの方々に囲まれています。




で、こんな息をのむような素晴らしい風景も拝めてしまうのです。
絵画みたいです。




帰りはルートを変えて、寶蓮寺と東涌(Tung Chung)を結ぶ
ロープウェイに乗ってみました。
東涌からは東涌線で九龍(Kowloon)方面に電車で戻れます。




大仏さんの姿がどんどん遠くなっていきます。再見!




山の向こう側に出ると、眼下に海が広がりました。




左手の人工島が香港国際空港。
離着陸する飛行機を横目にロープウェイは入り江の上を通っていきます。
山の上と入り江の反対側にしかロープ支える鉄柱がないのに
よくピンとロープを張ってられるもんだと感心…
ちょっとでもゆるんだら、海に着水しちゃいそう。




入り江を横断中。なかなか楽しい空中散歩でした。

あ、高所恐怖症の方は、ちょっと高い乗車賃を払って
床がガラス張りのロープウェイに乗りましょう!(爆

というわけで、夕刻のランタオ島を後にして
鑽石山(Diamond Hill)の友人宅まで戻り
近所で軽く夕食を食べてから空港に行きましたとさ。


長らくの間、旅行記にお付き合いいただき
ありがとうございました〜



次回はようやくパリネタ? ポチッ と ( ・ω・)σ クリック!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

香港 【飲茶とか】

category: 香港 Hong Kong | author: NEPOJA
香港日記も余すところ僅かです。

現地在住の友人エナに連れて行ってもらった
跑馬地(Happy Valley)の飲茶専門店が
メチャウマだったのでみなさんにオススメしときます!



お店の名前は「譽滿坊」(ヨウ・ムン・フォン)。




小龍包に大根餅、叉焼包など食べたいものを
片っ端からオーダー!

 

もう何食べたか忘れちゃったけど、どれもこれも美味でした◎




思わず笑顔がこぼれます。

 

筆者は笑顔というか、たくさんの点心に囲まれてニヤけてます。
デザートにはタピオカプリンを。奥に写ってるのは、
興味本位で頼んだ黒ゴマの汁粉。(これは必要なかったかも!)

譽滿坊(Yue Mun Fong)
香港跑馬地成和道63號
63 Shing Woo Road, Happy Valley, Hong Kong
TEL: +852 2834 8893


おなかいっぱいになったので腹ごなしに
ハッピーヴァレー競馬場に沿って
銅鑼灣(Causeway Bay)まで歩きました。

☆☆☆

地下鉄で九龍(Kowloon)の佐敦(Jordan)に出て、
駅前のデパート裕華国貨(Yue Hwa Chinese Products)を
覗いたり。デパートというと語弊がありそうですが、
中国土産の百貨店みたいなとこでした。




で、佐敦(Jordan)駅のそばにある「義順牛奶公司」の
牛乳プリンをおやつに!
アズキ入りの暖かいやつを食べました。
ふるふると柔らかいミルクプリンがとても優しい味。

義順牛奶公司(YEE SHUN MILK COMPANY)
香港九龍佐敦道庇利金街63號
63 Pilkem St., Jordan Road, Kowloon, Hong Kong
TEL: +852 2730 2799 ()




同じくジョーダン地区の男人街(Temple Street)近辺にて。



露店が並ぶナイトマーケットには海鮮料理の屋台も立ち並び
結構な活気を見せていました。



(●´ρ`●) ヂュルッ




結局屋台では買い喰いせずに、ジョーダン駅そばの
「麥文記麵家」でサクッとワンタン麺を食べました。
アッサリとしたお味で、プリプリなエビ雲呑が引き立ちます。

麥文記麵家(Mak Man Kee Noodle Shop)
香港九龍佐敦白加士街51號
51 Parkes St., Jordan Road, Kowloon, Hong Kong
TEL: +852 2736 5561


男人街を覗いたので、じゃあ女人街も覗いとこ!ということで
佐敦から2駅北の旺角(Mong Kok)へ。
女人街(Tung Choi Street)の露店は、
別に何の面白味も感じなかったので、通りの入口近辺だけ見て
スイーツを食べに別の目的地へ!



旺角(Mong Kok)の石磨坊(Shek Moh Fong)で
マンゴかき氷「芒果刨冰」にチャレンジ!
日本のかき氷とはまた違った感じで
でっかいアイスキャンデーみたいなものでした。
狭い店内は現地の若者でごったがえしてて
空いてる席がなかったんで、相席させてもらいました。

石磨坊
香港九龍旺角酩朿88號
88 Hak Po St., Mong Kok, Kowloon, Hong Kong
TEL: +852
2398 9490


ツヅク◎



香港最終号に向けて ポチッ と ( ・ω・)σ クリック!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(4) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

香港 【上環(Sheung Wan)】

category: 香港 Hong Kong | author: NEPOJA
香港紀行の続きで、
上環(Sheung Wan)エリアでの写真をアップします。



前々回の日記で紹介したお茶屋、新星茶荘に置いてあった
日本語ガイド本に載ってたのが上環の陳勤記鹵鵝飯店。
中国潮州地方料理のお店で、
そこの名物「鹵水鵝片(ロウソイウォピン)という
ガチョウの蒸し煮的料理が超ウマそうだったので
アドレスをメモして、翌日早速ランチしに行ってきました!



お得なランチセットのには食べたかった鹵水鵝片に郊外油菜、
潮州蠔仔肉砕粥(小さな牡蠣のたくさん入ったお粥)が
ランクインしていたので迷わずそれをオーダー。

とっても上品なお味ですごく気に入りました!
お店もこぎれいだったし、また香港に来たらリピートしたいです。

陳勤記鹵鵝飯店(Chan Kan Kee Lou E)
香港上環皇后大道西11號
Queen’s Rd West, Sheung Wan, Hong Kong
TEL: +852 2858 0033




ランチの後は文武廟(マンモウミュウ)を訪れました。



香港最古の道教寺院で、
その名の通り、学問の神様と武術の神様が祀られています。



棒がたくさん入った竹の筒(筮竹 ゼイチク)を振りながら
地べたに正座して熱心に願掛けをする若い女性がいました。



天井からぶらさがる円錐形の渦巻線香が不思議な光景。



線香が燃え尽きると中央の赤い短冊に書かれた願い事が
成就するとかしないとか!
(そしてこの線香が燃え終わるまで1ヶ月近くかかるんだそう…)


文武廟を出たら、骨董街のハリウッド・ロード(荷李活道)や
かつては泥棒市と呼ばれたガラクタ屋の並ぶ
キャット・ストリート(嚤囉上街)をプラプラ散歩。

学生時代に香港に来たとき、
上環のハンコ横丁・文華里(マンワーレイ)で
フルネームの四角い印鑑を彫ってもらったことを
懐かしく思い出しました。
この辺、下町情緒があってなんだか好きです。




樂茶軒でいただいたお茶、鳳凰烏龍茶(Phoenix Oolong Tea)は
ピーチのようなマスカットのような、
爽やかなフルーティーな味が以外な中国茶。
自分へのお土産に茶葉を買い求めました。

樂茶軒(Lock Cha Tea Shop)
香港上環皇后大道中290B樓梯街
290B, Queen's Road Central, Sheung Wan, Hong Kong
TEL: +852 2805 1360




で、中国茶のマネゴトをしたくなって、
小さな茶台(茶盤)も買って来ました。
樂茶軒では大きな台しか売ってなかったので、上環の別のお茶屋さん
林奇苑茶行(Lam Kie Yuen Tea Company)で買いました。
茶器は買わなかったので、写真では関係ない器を置いてますが。

とりあえず形から入るのが好きなんで、
旅先でついついこういうの衝動買いしちゃうんですよね…




ま、そんなわけで日も暮れて来たのでそろそろ退散。



ツヅク◎



ポチッ と ( ・ω・)σ クリック 請! 多謝!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

香港 【☆100万ドルの夜景☆】

category: 香港 Hong Kong | author: NEPOJA
香港日記も中盤にさしかかり、
ちょっと出し惜しみしていた夜景なぞ一気に公開◎




その前に中環(Central)で見かけたおもしろい広告を紹介。



階段の段差の間に貼られてて、すごくグラフィカル!




香港島から大陸側を望んで。

香港島大陸側の九龍(Kowloon)に渡るのは
地下鉄が手っとり早いですが、
観光客なんでフェリーでも渡ってみました。
香港島中環(Central)から対岸の尖沙咀(Tsim Sha Tsui)へ。



で、今度は尖沙咀のフェリーポートから香港島を望んで。
いい感じに日が落ちて来ました。



パノラマ写真が取れるデジカメでも夜景をパチリ。
ブログのページの都合上大きく見せられないのが残念です!
(しかもこのブログ、写真の画質がすごく落ちちゃうのが残念。)



みんなこの夜景の写真が撮りたいから、
ベストポジションの取り合いになります!


香港の夜景で有名な場所としては、
Victoria Peak(ヴィクトリア・ピーク)も忘れてはなりません。

香港島中環(Central)から「ピークトラム」という
ケーブルカーに乗ると一気に山頂まで行けます。



このトラムがまた、メチャクチャ急勾配!



立ち乗りは不可能です…(汗



最高27度の勾配。27度って体感的には45度くらい!
背後の谷底を振り返りながら、
ヒモ切れたらどーすんの!?って恐怖に陥ります。
(ま、ヒモなんてもんじゃないだろうけど)




そんなこんなで山頂に到着。
素晴らしいホンコンの夜景を愉しみました。




お会計 $1,000,000。

チーン。




100万ドル払えない方は、代わりに ポチッ と ( ・ω・)σ クリック を!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(2) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

香港 【トラムと銅鑼灣(Causeway Bay)】

category: 香港 Hong Kong | author: NEPOJA
ホンコン紀行の続き。



香港島中環(Central)からトラムに乗ってみました。
写真は出前一丁の広告トラム!




中國銀行の前を通り…




こんな近代的な建築もあるかと思いきや…




改装工事中のビルを覆っている足場は
なんと竹でできたやぐらだったり!!




これ街のあちこちで見かけたので、香港の風物詩らしいです。

鉄骨じゃなくって、竹、たけ、タケ!!
超近代建築でも足場は竹。
まぁ、鉄骨より軽いから扱い易いだろうけど…
腐って折れたりとかしないんでしょうか?




目的地は銅鑼灣(Causeway Bay)。

コーズウェイ・ベイに何があるというわけでもなかったんですが
ショッピングエリアをプラプラ散歩。



After School(アフター・スクール)というカフェに行きました。
写真のエナは怒ってるわけじゃないんですが、
アンニュイってことで。(笑



雑居ビルの2階にあって、特に看板らしきものも見当たらず。
ドアも閉まってましたが、呼び鈴を鳴らすと開けてくれて
普通にカフェ営業中でした。
デザインオフィス兼カフェ、ってな感じ。



ここのアイスカフェオレ、濃厚なエスプレッソ仕立てで
メチャウマでした!

After School
香港銅鑼灣恩平道17號2樓
2/F, 17 Yun Ping Road, Causeway Bay, Hong Kong
TEL: +852 2983 2130




タイムズ・スクエア(時代廣場)の近くの高層ビル32階にある
新星茶荘というお茶屋さんにも行ってみました。



32階なんですごい眺め!



高所恐怖症の方にはオススメできません。(汗



菊花烏龍茶をいただきました。
現地人だと思っていた店員の女性の方、
あとで別の人と日本語でしゃべっているのが
聞こえてきてビックリ!日本の方でした。



このお茶屋に入るくらいから雲行きがあやしくなって
しばらくの間大雨が降りましたが、すぐ止みました。



ほら、この超高層ビルのてっぺんにも竹の足場が…
なんだか芸術作品に見えてきます。

新星茶荘
香港銅鑼灣鑼素街38號金朝陽中心32樓
32/F, Sound Plaza, 38 Russell Street, Causeway Bay, Hong Kong
TEL: +852 2832 2889


まだまだツヅク◎



しかも竹をつなぎ合わせているのはビニール紐…!
カルチャーショックを受けたら ポチッ と 
( ・ω・)σ クリック!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑
PREVIOUS ★ 前 NEXT ★ 続き
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS