シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS
<< Au Petit Suisse カフェ今むかし。 | main | オペラ座でセール ☆ ヾ(゚∀゚ )チョット、オクサン! >>

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。
Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

シャルティエ ☆ Restaurant Chartier ☆彡

category: パリのレストラン Restaurants Parisiens | author: NEPOJA
前回のカフェに続き、パリの自分的に懐かしい場所といえば
このレストラン、Chartier シャルティエ

1896年創業当時からほとんど変わってないであろう
レトロな雰囲気が最高なパリの大衆食堂!



メトロ Grands Boulevards グラン・ブルヴァール 駅のすぐそば、
矢印のついたネオンサインが入口。
建物の奥にある入口から古い回転扉をまわして中に入ると
天井の高い大広間が目の前に現れ、まずその雰囲気に圧倒されます。



地元民のみならず観光客にも大人気の店なので、
開店後すぐにたくさんあるテーブルが埋まってしまいます。
予約は不可ですが、一晩に何回転もするこのレストラン、
年季の入ったギャルソンたちがキビキビと仕事をしているので
行列していても割と早くテーブルに着けるかも。
まあ、テーブル担当が決まっていて
たくさんのお客さんを同時にこなしているので
なかなかオーダーを取りに来てくれなかったりしますが…



毎日日替わりで印刷される二色刷りのメニューがまたいい感じ。
で、メニューを見てさらにビックリ。
前菜が1ユーロ台から、メインも10ユーロ以下のものが!
昔から安いことで有名だったけど、
今時この値段でそこそこの食事ができるところは他にないでしょう。

1人で食べに来る常連のおじさんとか結構いそうです。
事実、こないだ日本から出張で来てた方と3人で行ったときは
1人で来ていたおじさんと相席でした。



とりあえずメニューの内容は至ってシンプル、質実剛健。
「トマトサラダ」とか頼むと、
スライストマトだけがのった小皿とかが出てきます。(笑

ギャルソン氏に料理の注文をすると
テーブル敷きの上に暗号めいた発注内容を直接書きなぐります!
「これは売り切れ、これも今日はもうたぶん終わり」
みたいなものが多いので臨機応変に行きましょう〜

 

サーモンがなかったので代わりに頼んだスズキのグリルが登場。
ギャルソン氏のお皿を持つテクニックがすごくってスペクタクル!
右上の写真はまだ皿数が少ない方です。



自分はフレンチビストロの王道、Steak Frites ステック・フリット
(ビーフステーキとフレンチフライ)を頼んでみましたが
予想通り、噛み切るのに疲れるお肉でした。
それもまた大衆食堂的。 (´Д`*)



こちらは Blanquette de veau ブランケット・ド・ヴォー、
仔牛のクリーム煮です。

 

〆に頼んだ Profiteroles プロフィッテロール は
イタリアでよく見かけるデザートですが
アイスクリームの入った結構デカいシュー3個に
鼻血の出そうな濃厚チョコレートがドップリかかって、3.90ユーロ!

気になったのは Coupe de Crème Chantilly「生クリーム・グラス」。
絶対生クリームだけがてんこ盛りで出てくると思うんだけど
誰かチャレンジしてみてくれませんか? Ψ(`∀´)Ψ

会計を頼むと、またテーブル上にゴチョゴチョっと書いて計算。
後ろの席の人たちがなぜか食後酒をおごってくれたり和気藹々。



さて、このテーブル上の暗号、解読できますか??

Potage II → ポタージュ x 2(日本の「正」みたいな感じ)
Pate → パテ(= Pâté de Campagne)
Faut II P → ロース肉(Faut-fillet)のステーキ x 2 ミディアム(à Point)
Bar → スズキ
1/2 R VIN → 赤ワイン1/2リットル(R = rouge = 赤)
S FR I → フルーツ・サラダ x 1(= Salade de Fruits)
P〜ll II → プロフィッテロール x 2
Café → カフェ



HP によると、1989年にパリの歴史的建造物に指定されたそうです。


☆★☆

さてさて時を遡ること15年、1993年の Chartier。
学生時代の一人旅、初パリ初ヨーロッパ。
初日の晩は飛行機を降りたばかりでボーッとしていたので
Café de Flore カフェ・ド・フロール でサンドイッチをかじっただけでしたが、
2日目の晩に初めて入ったパリのレストランがここでした。



そのときの旅のメモ帖のスキャン画像です。
学生には嬉しいとてもリーズナブルなレストランで
味も悪くはないし、1人でも入りやすいし、
何よりその雰囲気が気に入って滞在中2回も食べに行きました。



上と下の写真は、1993年に撮ったものですが
今の Chartier と何も変わっていません。
なんだかルノワールの絵にありそうな光景。



Chartier
7, rue du Faubourg Montmartre
75009 Paris
TEL: +33 (0)1 47 70 86 29
最寄り駅: Grands Boulevards
11:30〜15:00 18:00〜22:00 年中無休




ポチッと( ・ω・)σ 1日1click!
人気blogランキングにご協力をお願いします!




Permalink | comments(6) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク
Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑
パリはどこをとってみても絵になりますね♪
昔々にタイムスリップしたかのようなお店、ステキです☆
カメラに向かってピースしている方々はただのお茶目?
from あやのすけ (2008/11/18 8:29 AM)
はじめまして。

なんか、ぐっとくる「初心に帰る」日記だなぁ。
わたしは1995年からロンドンに住んでいます。
最近は初めのころのキラキラ感がなくなりつつあって、
ちょっとキックが必要だ!って思っていたところです。

NAPOJA氏のように、
わたしもロンドンに恋をしていたのを
思い出しました!
from 日ノ丸 (2008/11/18 10:16 PM)
> あやのすけさん

このお店、映画のロケとかにも使えそうですよね!

カメラに向かってピースしている方々は
カンパーイとかコンニチハ!とか片言の日本語で話しかけて来た親日派(?)の方々。
僕がお連れしていた女性陣のナンパ目的って感じではなく、単にフレンドリーに食後酒をごちそうしてくれたお茶目な人たちでした!
from NEPOJA (2008/11/19 12:19 AM)
> 日ノ丸さん

そう、前回の日記から「初心忘るべからず」がテーマです!(笑

長くその地にいると惰性的というか、何でも当たり前のようになり、感じ方が変わってくるのは仕方のないことなのかもしれません。
でもときどきこうやって初心にかえってみると、また違った見え方がしますよね。
うまく言えないけど…

ロンドンは1998年に半年くらい滞在しました!
友人たちに会いにまた遊びにいかなきゃ。
from NEPOJA (2008/11/19 12:29 AM)
はじめまして。シャルティエ大好きでパリに行く度に寄っていました。。。懐かしい。
すごく美味しい訳じゃないけど、、、あの活気がいいですよね!
あと、老舗のリップの週末限定のポトフが思い出に残っています。
寒いですがパリの生活を楽しんでください!うらやましーです!!!
from chie (2008/11/27 5:10 AM)
> chie さん

こんにちは、初めまして!

食事って、味も大事だけどその場所の雰囲気とかいろいろな要素が重要になってきますよね。

リップの週末限定ポトフ?
とっても気になります。
機会があったら是非行ってみます!!

適当更新のブログですが、またよろしくお願いします☆
from NEPOJA (2008/11/28 6:14 AM)





この記事のトラックバックURL : http://nepoja.jugem.jp/trackback/215
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< October 2014 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS