シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS
<< Caves Saint-Gilles でスペイン気分◎ | main | フランスのお菓子 ☆ LU のビスケット >>

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

フランスのお菓子 ☆ LU のビスケット

category: パン・菓子 Boulangerie-Pâtisserie | author: NEPOJA


ちょいと更新が遅くなりましたが、
本日はフランスで最もポピュラーなお菓子ブランド
「LU」(リュ)をご紹介します!



時を遡ること 1846年、フランスの地方都市 Nantes ナント に
Jean-Romain Lefèvre 氏が創設したお菓子屋さんで
イギリス風ビスケットを売り始めたのが LU の発祥。
その後結婚した相手の女性の苗字が Utile だったので
Lefèvre-Utile のイニシャルを取って LU となったわけ。



そののち LU は世界に名だたる有名ビスケットメーカーへと
成長したのですが、1987年に現 Danone ダノン の傘下に入りました。
フランス人なら誰もが知っている「LU」のネームヴァリューは
大きいので、他の Danone 傘下の別ブランドのお菓子、
例えば Belin とか Heudebert とかが「LU」に名称変更しています。

(そしてその Danone 社のビスケット事業部門は
 2007年にアメリカの Kraft Foods に買収されたので、
 現在は Kraft Foods 傘下。)



だから、フランスのスーパーに行くと、
お菓子売り場にあるのは少なくとも半分以上 LU ブランド!
日本に行くときに、毎回違うものをお土産に持ち帰っています。
(上の写真は全部妹の mixi アルバムから拝借したものw
 ちゃんと写真に撮って紹介してくれて、お土産冥利につきます!)




最近のお気に入りはコレ。
中にオレンジのジャムが入っているソフトクッキー。



個別包装でなく、こんな感じでガツンとむき出しで
入っているところが逆に昔ながらでツボです。




このシナモンビスケットはそのまま食べてももちろんおいしいけど
チーズケーキを作るときの土台に混ぜ込んだりしてます◎




去年あたり登場した、キティちゃんビスケット。



小さい女の子向けの商品なのかな、1食分ずつ分けられてます。
シールのオマケがついてたり。




こっちは男の子向け?クマの形をしたプチ・ガトー。



(妹の写真の撮り方に脱帽w プレゼン上手!)




フランスのポッキー「MIKADO ミカド」も
昔はコピーものかと思っていたけど、なんのことはない、
グリコと LU の合弁事業による商品です!
(最近は「Glico」ってちゃんとパッケージ上に書かれてるしね)
ビターチョコやらミルクチョコやら最近種類が増えてきました。
上の黄色い箱のはキャラメルクランチー入り。




昔の LU は販促に長けていたので、
ポスターやビスケット缶など美しいものが多く
フランスにはたくさんのコレクターがいます。
上の本は、創設者の曾孫にあたる Patrick Lefèvre-Utile 氏が
出版した『L'art du biscuit ラール・デュ・ビスキュイ』、
LU 社のビスケットの歴史が数々の写真と共に記録されています。



絶版になってしまっている本なので高価で取引されていますが、
今フランスのアマゾンでチェックしてみたら
45ユーロの中古品が出ていたので早速オーダーしました☆
(写真は別サイトより拝借したものです)



元祖 LU ビスケットというと、この本の表紙にもなっている
「Petit Beurre プチ・ブール」なんですが、
これは LU 創設者の息子 Louis Lefèvre-Utile 氏が
1886年に開発した商品。今の世代に続くロングセラーです。


まだまだ載せたい LU シリーズの写真はたくさんあるので
後編に続きま〜す。





↑ お手軽なフランス土産にオススメ! ポチッ と
( ・ω・)σ クリック!
人気ブログランキング にご協力を☆

上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(9) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク
Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑
MIKADO!噂で聞いてましたが、こんな感じなのか。日本ってそれこそ毎日お菓子の新製品が出てるような状態だけど、フランスでもそうなのかなぁ。定番商品を淡々と消費していく感じなのかな。
from いしさと (2011/02/19 12:29 AM)
こんばんはー。私もフランスに住んでいた時はずっと、コピー商品だと思ってました!今は、韓国に住んでいるのですが、韓国にもポッキーにそっくりな「ペペロ」というお菓子がありまして、もしかしてこれも立派な正規品なのかもですよね!
from robinette (2011/02/19 1:23 AM)
> いしさとくん

MIKADO って日本でも知られてるの?
日本のスナック菓子のサイクルは早すぎてついていけないです。
せっかく気に入ったのがあっても、次に日本行ったときには同じの絶対売ってないし…
フランスも最近は寿命の短そうな新製品を見かけるけど、8割以上は定番商品なんじゃないかな。
from NEPOJA (2011/02/19 9:30 PM)
> robinette さん

ペペロ、&#48764;&#48764;&#47196;!
パリでも中華系や韓国系のお店で売ってます!
安いのでたまに買いますが、wiki で見てみたら、こっちは単なる類似品のようです…
from NEPOJA (2011/02/19 9:35 PM)
↑ あ、やっぱりハングル文字化けした…
from NEPOJA (2011/02/19 9:37 PM)
MIKADOはベトナムで見た!食べた?忘れちゃたけど、オフィシャルなのねーなんでこんなネーミング&パッケージデザインなんだろう。。
from wiglim (2011/02/20 1:38 AM)
> wiglim ちゃん

ミカド様はベトナムにも君臨しているのか。
フランスの元植民地だったからかな?
昔、FUJIYAMA って名前の偽ポッキーもフランスで見たことがある気がするんだけど。
from NEPOJA (2011/02/20 10:53 AM)
管理者の承認待ちコメントです。
from - (2011/03/03 12:19 PM)
> ブランド バッグさま

初めまして、どういたしまして…!
リンクへの誘導目的とも取れますので、勝手ながら非公開コメントとさせていただきました。
申し訳有りませんがよろしくご了承ください。
from NEPOJA (2011/03/03 8:49 PM)





この記事のトラックバックURL : http://nepoja.jugem.jp/trackback/395
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS