シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS
<< Work in Progress 〜 リビングルームと寝室 | main | Tweets till 2012/01/31 >>

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

Work in Progress 〜 書斎と Dressing Room

category: パリ生活 Vie Parisienne | author: NEPOJA
前回前々回からの続きで、
今日は新居の一番奥の部屋の改装の様子をご紹介!



<BEFORE> 2011.5.14
購入仮契約後、再度アパートの見学に来たときの写真。
売り主は寝室として使っていた部屋ですが
部屋の真ん中に本棚を配置して2分割、
書斎とウォークインクローゼットとして利用することに。



2011.8.17 入居時。
作り付けの収納はクローゼットの一部として
そのまま生かすことにしました。



2011.8.17
問題はこの床に敷かれていたカーペット…
剥がしてみたら3〜4mmの厚さでベットリと接着剤が。
せっかくの古いフローリングの上に接着剤を流すなんて!
フローリングを取り戻すべく、自分でガリガリ削ってみたけど
1時間やってもこの状態。

 

2011.8.18
で、研磨機をレンタルして、2日間かけて床を削りました!
少しずつ床のフローリングが姿を現してくるのでやりがいがあります。
フローリング復活作業だけは工事の人に頼まず自分たちでやりました。


 

元あったフローリングが取り戻せなかったら
こんな杉綾の Parquet パルケ を敷こうとリサーチも進めてましたが
せっかくの古いフローリングを剥がすのは心が痛むので
接着剤を削り取る作業をがんばりました!



2011.9.29 壁照明を2箇所取り付けるための隠蔽配線工事。


2011.10.6 隠蔽配線工事が終わった状態。



2011.11.13 
この部屋は長らく工事の荷物置き場になっていたので
床の作業ができなかったのですが、全体の工事が進んで
荷物が減って来たので保護シートを外して仕上げ作業。
床は必ずしも完全な平面ではないため
研磨機で削り取りきれなかった部分を
薬品や紙ヤスリなどを使って週末2日間で完全に削り取りました!
おかげで指と腕と腰がボロボロ。


Facebook に写真をアップしたら、
「Gustave Caillebotte ギュスターヴ・カイユボット の絵みたい!」と
コメントが!(笑
1875年の作品、Les raboteurs de parquet『床削りの人々』です。



2011.11.13 
元のフローリングが完全に再現できました!
これにワックスがけかニス塗りをすれば完成です。
濃い色合いがよければその前に塗装の必要もありますが。
壁上部に Moulure ムリュール と呼ばれる縁飾りも付き始めています。


 

こちらは Moulure のリサーチ写真。
19世紀後半ナポレオン3世時代のオスマン様式(Haussmannien)、
この時代の建物には天井にこんな装飾が。
(左は前に住んでいたアパートの天井です!)
今度のアパートは1930年築のアール・デコ様式の建物で
天井飾りは付いていませんでしたが、
いかにもパリっぽいオスマン様式も好きなので、
シンプルな飾りを加えることに。


 

Faidherbe Chaligny フェデルブ・シャリニー の駅のそばにある
Moulure 専門店でリサーチしたり。


 

結局、予算的な兼ね合いから
BHV ベー・アッシュ・ヴェー(東急ハンズ的デパート)で調達することに。


 

2011.11.16 
壁側は縄モチーフ、天井側はシンプルな Moulure にて進行!
天井の四隅は角を写真のように欠けさせてみました。


 

2011.11.17 
天井飾り設置終了、塗装も窓枠以外終わった状態。
(右は天井の一角を見上げた図)


 

2011.12.10 
さてさて引越し予定日まであと1週間、床の仕上げ中!
ワックスだと手入れが大変とのことなので、ニスを塗りました。
BHV の人が言っていた通り、試し塗りしたら色が濃くなったので
下地を塗る必要もなく楽でした。

 

2011.12.11 
ニス塗り終了、フローリング完成!
嬉しくって、フローリングハグ中w


 

<AFTER> 
前のアパートでも使っていた陶器の壁照明を
再度 Merci で買ってきて使用。
こういう昔っぽい電球、ここ数年パリで流行ってます。


 

<AFTER> 
部屋の真ん中に本棚を置いて(IKEA のだけど…)窓側は仕事部屋に。
壁の温水暖房は近年のもので、アンティークでないのが気に喰わないので
いつか変えたいところだけど、とりあえず現状のままで。
右はロンドンで見かけた業務用的な(かっこいい?)温水暖房。


 

<AFTER> 
ウォークイン・クローゼット側。
本棚の裏側を隠す感じで、
2段の頑丈なハンガーラックを2つガツンと置いてます。
玄関に置く予定だったシューズ用の棚はデカくてシックリこなかったので
この部屋に置くことにしました☆


以上です!
キッチンとバスルームは乞うご期待。
(でも今週はアテンド続き、イタリア出張があったりで忙しいし、
 週末には日本に飛ぶので当分更新できなさそうです…)





↑ 是非 ポチッ と クリック ( ・ω・)σ 
人気ブログランキング にご協力をお願いします。

「 Paris Photophile 」もよろしく〜★
Permalink | comments(4) | trackbacks(1) | BBS | PAGE TOP↑

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク
Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑
いつもブログ楽しく拝見しています☆
パリ在住なので、色んな情報(特にレストラン系)をよくチェックさせて頂いてるのですが、特にこのお家改装シリーズはほんと、観ていてすごくテンション上がります!案外業者に頼らずとも、自分の手でできることがいっぱいあるんですねー。ただただ尊敬!!!続編のアップ、楽しみにしています☆
from tomo (2012/01/26 6:28 AM)
> tomo さん

こんにちは!(あ、パリ時間なのでボンソワ〜)
まぁ偉そうに書きましたが、パルケ以外は全部工事の方にやってもらいましたので、自分で日曜大工的にやっていたら何年かかったことやら…(笑
続編、ゆっくりアップしま〜す☆
from NEPOJA (2012/01/26 8:22 AM)
モンバサバッグで検索したらこちらについて、あれ、なんか知ってるかもっておもったら僕、昔ベルリンでひろちゃんとともに韓国料理をたべた人です。よかったらご連絡くださーい。
from ken (2012/01/31 9:59 PM)
> ken くん

あ、よくぞ見つけてくれました〜!
お久しぶり。ストックホルムのケン君だよね。
FB、ヒロキ君経由で探してみます!
from NEPOJA (2012/02/02 2:40 AM)





この記事のトラックバックURL : http://nepoja.jugem.jp/trackback/457
接着剤で足が天井にくっつくか試したら ほか
接着剤で足が天井にくっつくか試したらそこに至るまでの詳細は一切不明ですが、ある男性が接着剤を付けて天井にぶら下がったらどうなるかをテストしてみたようです。それにしても強力な接着剤ですね。くれぐれ...
映像トピックス【バックナンバー】 (2012/07/17 12:00 PM)
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS