シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

バルセロナ 〜グエル公園〜

category: スペイン Espagne | author: NEPOJA
バルセロナ3日目。
日本のゴールデンウィーク突入前の金曜日だったので
やることがいっぱいあって、結局外に出たのは午後4時頃。

今日の目的地はガウディの作ったグエル公園(Parc Güell)。
大昔に1回行ったことがあるけど、
どんなところだったか記憶は忘却の彼方。

バルセロナの地図を見てみると
グエル公園は地下鉄でのアクセスが悪そうだったので
ネットで行き方を調べてみました。
そしたら宿のそばの Passeig de Gràcia から
24番のバスに乗ると公園の真横に着くとのこと。
しかもそのバスは同じガウディの建築、
ビセンス邸(Casa Vicens)のそばを通るとか。

Passeig de Gràcia のバス停で再確認してみると
ビセンス邸へは、22番のバスでも行けそう。
バルセロナのバスは1枚のチケットで75分の間
乗り換え可能なので(ただし同じ番号のバスには2回乗れません)
まず22番でビセンス邸へ行き、
それから24番でグエル公園へ行くことにしました!



Carrer de les Carolines の24番地にあるカサ・ビセンス。
(地下鉄で行く場合は Fontana が最寄り駅。)



内部は一般公開されていないので外観をサラッと楽しんだら
バス停に戻って、一路グエル公園へ。

24番のバスは勾配のキツイ坂道を通って高台にある
グエル公園の脇を通っていきます。
地下鉄新線、9番線・10番線の Sanllehy 駅を作っているのが
バスから見えましたが、そのひとつお隣の Muntanya 駅が
将来的にグエル公園の最寄り駅になるようです。



というわけでグエル公園到着。
あ〜確かにこんなんだった!と昔の記憶が蘇ってきます。




アントニ・ガウディが実際に住んだ家が公園内にあり、
現在はガウディ記念館として公開されています。
ガウディにしてはおとなしい外観。




頭上の梢からギャーギャー鳥の声が聞こえるので
なんの鳥かと思ったらカラフルなオウムたち!
バルセロナオリンピックのときに放されたのが定住してるそうです。




モザイクのベンチで寛ぐ欧米人観光客たち。




公園の入口にあるかわいらしい建物。おとぎの国的イメージ。

 

写真いっぱい撮ったので選びきれません…



ハトも勝手に誇らしげ。(笑




モザイクのベンチにグルリと囲まれた広場の下はこんなスペース。

 

モザイク好きにはたまりません。




不思議な回廊。人気が一瞬途絶えた瞬間を狙って撮りました。


 

大人気のトカゲの噴水は混んでるので、みんな代わりばんこに記念撮影☆
(人が一瞬引いたときに写真を撮ったので空いているように見えますが)



せっかくなんでもういっちょ!


 

正面入口にはこんなトカゲの着ぐるみを着た方も…
でもとてもよくできた着ぐるみで、ナイスアイデア!
ご苦労様です◎

(財布の中で邪魔な10セント以下の小銭をかきあつめて渡したら、
 ちょっとというかかなり不満気でしたが…)



次回に続きます。 ポチッと ( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログ ランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(4) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

バルセロナ 〜バルセロネタ〜

category: スペイン Espagne | author: NEPOJA
4月29日バルセロナ2日目、今日も快晴!
日本は休日でしたが、フランスは営業しているので
メールチェックをしたりして、午後ゆっくりめの時間に外へ。



宿の近くにて、こんな建物がワンサカありますバルセロナ。
この辺は道が碁盤目状に走っていて、
どの交差点も八角形状に角が取れているのが面白いです。
歩行者としてはまっすぐ歩きたいところですが…


 

なんだかたくさんの人がバルコニーにいるなと思ったら
かなり味のある等身大のお人形さんたちでした!(・∀・ )
小さい写真で分かりにくくてごめんよ。




まず腹ごしらえに Mesón Cinco Jotas メソン・スィンコ・ホタス へ。
前回のバルセロナ旅行で来て、おいしかったので。
生ハムとトマトを塗り付けたパン、大好き!
ここんちのポテトオムレツ、Tortilla トルティーヤ は
肉厚で中トローリ、メチャおいしかったです。
ハムもこの後違う種類のをもう一皿頼んじゃいました。
一人なのに食べ過ぎ? (´Д`*)




昔の日記でも紹介しましたが、
カサ・アマトリェー(Casa Amatller)。
有名なカサ・バトリョ(Casa Batlló)のお隣。

この辺プラプラしてたら、あれ、見たことある人発見。
なんとロンドンにお住まいの友人でした!ビックリ。

何がビックリってこの人とはベルリンでもバッタリ会ったことが
過去にあるということ。
お互いパリとロンドンという違う場所に住んでいて、
それでベルリンとバルセロナですれ違うって
すごい確率だと思いませんか??


 

Passeig de Gràcia(グラシア通り)の歩道のタイル◎




Plaça de Catalunya(カタルーニャ広場)を通って
Arc de Triomf(凱旋門)までプラプラ歩く途中で見かけた
アールヌーヴォーな薬局とそのモザイク。




こちらがバルセロナの凱旋門です☆

で、この後はバルセロナの人工ビーチ、
Barceloneta バルセロネタ に行きたいな〜と
近くのバス停で路線図をチェックしたら、
39番が乗り換えナシでバルセロネタまで行くようだったので
早速バスに乗ってみました。



終点で降りて、人の流れに付いて行くと海が見えました!
横浜みなとみらいのインターコンチネンタルホテルみたいなのが
あったのでその裏手まで足をのばしてみました。



bliss ってなんだろ?




こういうところには必ずいるスケボー少年。




ビーチの方に出てみました。
後ろに見えるのが W Hotel
あとで現地の友人に聞いた話によると、
上階バーではとてもおいしいカクテルが飲めるんだって!
今度は夜に行ってみないとですね。




まだシーズンにはちょっと早いし(水着姿の人もいるけど)、
のどかなビーチ風景です。




あぁ海は気持ちいいなあとそぞろ歩いていたら、
視界の片隅に違和感を感じました。

上の写真左端に注目。

なんだかやけにヌーディーな水着の人がいるな…

と思いきや。




< 拡大図 >

思いっきり一糸まとわぬヌードでした!! Σ(゜Д゜lll)

ブッ( ;゚;ж;゚;)゙;`;:

まわりの老若男女はどこ吹く風、
何喰わぬ顔で寛いでいますが
バルセロナのあっけらかんとした一面を感じた瞬間でした。

(後で現地の友人に早速報告したら、
 この辺では有名なヌーディストだそうな。
 だからみんな慣れっこってことなのね。
 しかもいつも立ちんぼなんだって。
 それだけ見せたいんですね、分かりますw)

***

そんなわけで軽くカルチャーショックを受けた後は
いったん宿に戻り、夜ご飯はどこにしようかとネットリサーチ。

バルセロネタの辺りでパエリアを出しているお店を
たくさん見かけたので、バルセロナっぽくないかもしれないけど
今晩はパエリア食べたいなと思って検索ヒットしたのが
7 Portes セッテ・ポルテス というお店でした。

最寄り駅は Barceloneta とのことで、
またさっきのエリアに舞い戻ることに。

なかなか格調高い感じの立派な店構えだったので
(思いっきり観光客向けな感じではなかったので)
安心して中へ。予約ナシで行ったけど、大丈夫でした。
遅めに行ったし、超ハイシーズンでも週末でもなかったからかも。



いくつか種類のあるパエリアの中から
いちばんいろいろ入ってそうな
Paella Parellada を注文しました。

魚介類はもうムキ身になっていて
手を汚さずに食べられるのはなかなかいいと思いました。
かなり腹ペコだったので最初はウマウマ〜と
ガツガツ食べていましたが、味付け濃いめなので
最後の方はちょっと飽きたかも。

7 Portes
Passeig Isabel II, 14
08003 Barcelona
TEL: +34 933 193 033
最寄り駅: Barceloneta


なかなか充実した一日でした!



裸の大将に免じて ポチッと ( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログ ランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(4) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

バルセロナ 〜カタルーニャ音楽堂〜

category: スペイン Espagne | author: NEPOJA
バルセロナ初日の日記の続き。


とか言いつつ、いきなりバルセロナ4日目最終日の写真から。
最終日は夕方にロンドンへのフライトに乗らなければならず
チョロっとしか外に出なかったため
ハンパ写真をさっさと片付けてしまおうというもくろみ。

<5月25日追記>
バルセロナ日記の最終回にスペースができたので
やっぱり順番通りに、ってことで内容をお引っ越しします!
初めて読む方は無視してくださ〜い。

てなわけで、バルセロナ4日目の報告は以上、
初日の日記の続きに戻ります。


今回の滞在中に、Palau de la Música Catalana
(カタルーニャ音楽堂)内部を見学したいと思っていたので
実際にコンサートかなにかやっていないかと思って
到着当日にインターネットでHPをチェックしてみたら
滞在中にメインホールでコンサートをやるのは
バルセロナ到着日の夜だけらしいということが判明、
早速チケットをオンライン購入してみました。



前述の Lluís Domènech i Montaner リュイス・ドメネク・イ・モンタネール 設計、
モデルニスモ様式の美しいコンサートホールです。

外の写真は過去日記でチェックしてください!

 

旅先でプリンターはなかったので、予約番号だけメモして行きました。
最初僕の名前のチケットが見つからなくって焦りましたが
オンライン予約時に使ったクレジットカードと照会してもらって
なんとかチケットをゲット。



細かい部分が写真では見せらせないのが残念。



ジャーン!モデルニスモ炸裂の夢のようなコンサートホール。



誰のコンサートかすら知らずに予約したので
とりあえず雰囲気が楽しめればいいやと思って
一番安い最上階の脇の最後列にしておきました。
「舞台は見えません」とサイトに書かれてましたが… (´Д`*)



天井のステンドグラスが見事です。

 

柱や天井のモザイクとか…



開演直前、会場はラテンの熱気ムンムンです。
僕の席からは、半立ち状態でなんとか舞台の半分くらいが見えました…

Luz Casal ルス・カザル のコンサート、とのことでしたが
大歓声と共に、往年の女性ポップ・ロックシンガーが登場!

後でスペイン人の友人に聞いたところでは
1980年代に流行った歌手のようですが、
1992年のアルモドバル(Pedro Almodóvar)の映画
『Tacones Lejanos(ハイ・ヒール)』に使われた歌
「Piensa en mi」が大ブレイクしたんだとか。



YouTube で見つけたビデオ貼っておきます!
Piensa en mi は Think of me という意味です。



思いがけず素敵なコンサートでラッキーでした。



Piensa en mi... ポチッと ( ・ω・)σ 応援ク リックを!
人気ブログランキ ング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(2) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

バルセロナ 〜モンジュイックの丘〜

category: スペイン Espagne | author: NEPOJA
ゴールデンウィークってことで行ってきた
バルセロナとロンドンの日記がしばらく続きます。
パリネタを期待されていた方はガッカリしないでください…!

フライトチケットとか1ヶ月くらい前に購入済みだったんで
アイルランドの火山噴火に伴うヨーロッパの空港閉鎖の
影響を喰らうんじゃないかとドキドキでしたが
4月28日出発だったんでゴタゴタも一段落した後で大丈夫でした。
ε= (´¬`*) ホッ。

ゴールデンウィークよりちょっと先走ってパリを出てきたので
旅先でも毎朝メール仕事をある程度やっつけて
午後2〜3時以降にやっと外に出かける感じでした。



バルセロナ初日、遅めのランチ。
宿のそばにあった La Pulpería(タコ屋)という
名前にひかれて入ったお店のタパス。

Lacón Fileteado という塩漬けされた豚肉と
タパスの定番 Patatas Bravas を頼んでみました。
マヨ苦手なんで、マヨ抜きで頼めばよかったと後悔…
トマトをこすりつけたパンも一緒にいただきました。
あ、タコ屋なのにタコのタパス食べなかったです。(´Д`*)

去年の夏に行った Bar Celta Pulpería の支店かな?と
思って入ったんだけど特に関係ないみたい。

La Pulpería
Consell de Cent, 329
08007 Barcelona
TEL: +34 93 487 5398
最寄り駅: Passeig de Gràcia




Plaça d'Espanya、スペイン広場。
いろんな建築物があります。




これもスペイン広場。
Arenas de Barcelona(バルセロナ円形闘技場)は修復中。




Torres Venecianes(ヴェネツィア塔)を抜けると
モンジュイックの丘に聳えたつ宮殿、Palau Nacional が見えます。




宮殿の方まで行ってみることに。
写真は、噴水内で泳ぐな看板がおもしろかったので…
(噴水の中でクロールしちゃってるしw)

過去日記で紹介しましたが、噴水ショーが有名。
春季は毎週金曜と土曜の夜、夏季は毎週木曜〜日曜の夜に
ショーが行われているようです。




モンジュイックの丘から街の中心までブラブラ歩いてみました。




こちらも以前紹介しましたが、Takashi Ochiai という
日本人パティシエの洋菓子店のテラスでお茶休憩。
ドラ焼きはご丁寧に四つにカットされて出てきました!




宿に戻りがてら、ミネラルウォーターを買いにスーパーへ。
初日からお土産系のものも買っちゃいました。

BOMBA(爆弾!)という名前に惹かれてパケ買いしたお米。
荷物になるのになぜスペイン米なんか買うかな〜(汗
あと Torta de aceite というオリーヴオイルを使った素朴な焼き菓子に
小さなタコの缶詰。

ちなみにこの後のバルセロナ→ロンドンの移動は飛行機だったんですが
液体状のものは機内持ち込み制限があることを忘れていたというか、
荷物を預けるのがいやだったので全部機内持ち込みで賭けに出てみたら
缶詰の中には液体状のものがあるはずなのに、何も言われませんでした。
ラッキーというか、いい加減というか…
(ロンドンからパリに戻るのはユーロスター列車なので
この関門さえ突破できれば持ち帰りに問題はないわけです☆)




こちらは朝ご飯用に買ったチーズプリンとコーヒープリン。
どっちもおいしかったです。
(えぇ、スミマセン、起き抜けは食欲ないんで
甘いもの系をチョコっと食べるのが好きなんです。)




帰り道に町角のローカルな電気屋さんのウインドウに
探してたシャンデリア用の電球を見かけたので入ってみました。
もうこのタイプの電球は作るところがなくってデッドストック状態、
パリでは値段が高騰していて、
1個7〜9ユーロ(1000円前後!)が相場なんです。

店内は結構混んでいて、店員さんに応対してもらう順番は
暗黙の了解なのかとしばらく待っていたんですが
ややしてから整理券を取らなければいけなかったことに気づきました。
入口の横にある整理券を取って自分の番号を呼ばれるのを待っていたら
横にいたおじさんが「僕は君より後にお店に入ったけど、
君は整理券を取り損ねたみたいだからお先にどうぞ」って
彼の若い番号と交換してくれました!
パリではありえない(?)優しい気遣いに感激! ( ´_ゝ`)

超地元民向けの商店でお店の人はスペイン語かカタラン語onlyですが
イタリア語でなんとか意思疎通ができました☆
で、この電球の値段1個いくら?って聞いたら「43」という返答。
43ユーロは高すぎるし、聞き間違いかと思ってよくよく聞いたら
43セント(0.43ユーロ)でした!安い!
7個在庫があったんで、全部買い占めてきました。
7個買って3ユーロ、パリだったら1個も買えません…




いったん宿に戻ってちょっと休憩。
Universitat 駅のほど近くにある B&B にしたんですが
ちょっとしたバルコニーもあってなかなか快適でした。

バルセロナ1日目の日記はまだ続くんですが
長くなったので今宵はここまでにいたします。



続きもよろしく、ポチッと ( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(6) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

バルセロナ 〜Mam i Teca とモンジュイックの噴水〜

category: スペイン Espagne | author: NEPOJA
昨日に続き、一気にバルセロナ最終回アップしちゃいます☆




宿泊してたアパートのある裏路地に
こんなかわいいプチレストランがありました。
カタルーニャ地方の名物料理を出しているとかで、
バルセロナ最終日の夜に行ってきました。


 
一緒にバルセロナに来ていた友人2人は先にパリに戻ったので一人飯!
一人でも入りやすい気さくな雰囲気です。
テーブル席が3〜4つしかない小さなお店なので開店と同時に。
っていうかスペインの夜の始まりは遅いので、
ここは夜8時半開店です。(汗

日本で大学生してた大昔、夏休みに3週間ロンドンでホームステイして
語学学校に通ったことがあるんですが、
そのとき同じクラスだったスペイン人の実家(バルセロナ市内)に
その翌年の夏休みに5日間ほど泊めてもらったら
小さい子供もいるのに夕食が毎晩夜10時過ぎでかなりビックリした
(毎晩10時まで夕食おあずけでかなりハラ減らしてた)記憶があります。

バルセロナでバーとかに飲みに行こう!といっても
夜12時くらいじゃまだ誰もいなかったり。
店が込み始めるのはだいたい午前1時以降。
フランスもたいがい遅いけど、スペインはもっともっと遅いので
時差がないのに時差ボケになりそう。(´Д`*)



さて、話をレストランに戻します。
今日はガス管に問題があって修理が間に合わず
火が使えないので、出せる料理が限られるのよ〜って
申し訳なさそうなお店のおかみさんのお言葉。
そんなにお腹が減っていたわけでもないので
タパス的なものをつまむことにしました。



白インゲン豆、ツナ、アンチョビ、オリーヴなどがのった
Empedrat エンペドラ という冷製タパス。



あと、Padron パドロン という名のスペイン版シシトウ。
シシトウ(Pimientos ピミエントス)の素揚げは大好きなタパスの一品。



一人でこの量はキツかったけど、残すのは嫌なので完食しました。
ヘタを丸く並べてたら、おかみさんがニコニコしてました〜(笑

お店とか料理の写真撮ってもいいですか?と聞いたら快諾してくれたし
とっても居心地のいいお店でした。



っていうか、デザートに食べたチーズケーキ、ウマすぎ。

Mam i Teca
Carrer de la Lluna, 4
08001 Barcelona
TEL: +34 93 441 3335
最寄り駅: Universitat / Sant Antoni




で、腹ごなしにモンジュイックの丘(Montjuic)まで散歩。
なんだかやけにすごい人出だと思ったら
クラシック音楽が鳴り始め、それに合わせた噴水のショーがスタート!



Font Màgica de Montjuïc の名の通り、マジカルな噴水。
夕暮れのバルセロナの街をバックに、
噴水の光と色と音楽が見事に調和して、幻想的でした。
 


そんな訳で思いがけず有終の美(?)を飾れたバルセロナ滞在でした。


長い間夏の旅行記におつきあいいただきありがとさんです☆

夏休みの宿題の絵日記から解放された気分。
2ヶ月遅れの提出ですみません! (;´Д`A アセアセ


(●・ω・)ノ==============the=E=N=D=≡☆ 



お疲れさまでした☆ ポチッと ( ・ω・)σ 応援クリックを!
人気ブログランキング にご協力をお願いします☆


上のリンクから他の面白ブログもチェックできますよ★
Permalink | comments(0) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑
PREVIOUS ★ 前 NEXT ★ 続き
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS