シュッ|・ω・`)ノ ---===≡≡≡ 卍
在欧17年、旅好き NEPOJA が綴る情報ブログ!

PROFILE


Copyright (C) 2006-2011 NEPOJA,
all rights reserved.

当ブログの画像・文章などを
著作権所有者の許可なく
転載・転用することを禁じます。
BBS
BBS - あしあと帳&掲示板
☆何でもご気軽にどうぞ☆
CATEGORIES
SEARCH THIS BLOG


ARCHIVES

SELECTED ENTRIES
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK

LINKS
OTHERS

スポンサーサイト

category: - | author: スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

Permalink | - | - | BBS | PAGE TOP↑

Passage Jouffroy 〜 Le Valentin

category: パン・菓子 Boulangerie-Pâtisserie | author: NEPOJA
今週末はみんなでお花見しよう!って決めてたんだけど
天気予報は雨。しかも最低気温0℃ってありえねー!
去年の4月は夏みたいに暑かったのに。

日曜の朝、天気こそ晴れときどき曇りだったけど
窓を開けたら肌につきささるような寒さ!
天気がもつか分かんないし、お花見ピクニックは中止。
やることなくなったので、お茶しに出かけました。

パリ9区、Cadet キャデ駅を出て
商店街になっている Cadet 通りを抜けると
Passage Verdeau パッサージュ・.ヴェルドー の入口が見えます。



ここでいうパッサージュとはいわゆるアーケード街のことで、
18世紀末から19世紀半ばにかけてパリにたくさん作られた
ガラス張りの天蓋から光の差し込むとっても趣のある場所。
2区の Galerie Vivienne ギャルリー・ヴィヴィエンヌ が代表的。

Passage Verdeau を抜けるとその先には
Passage Jouffroy パッサージュ・ジュフロワ が続きます。



古書店やアンティークショップ、雑貨屋などを
ひやかしながら、かつてのパリに思いを馳せたり。


Hôtel Chopin オテル・ショパン のある辺り。


そして、道行く人だれもが釘付けになるウインドウは…


おいしいそうなケーキが並ぶ Le Valentin ル・ヴァランタン!

パリでは珍しく日曜営業なのがとっても重宝。
日曜はケーキの品数が少ない気がしましたが、
好物のモンブランがあったので迷わず発注!

モンブランと言えば、Angelina アンジェリーナ のが有名ですが
あの生クリームだらけの甘々なやつより
ここんちの甘さ控えめなモンブランの方が好きでした。
土台がアーモンドタルト系なのが自分的には嬉しいです。
金箔なんかあしらってあって豪華☆



Le Valentin
30-32, passage Jouffroy
75009 Paris
TEL: +33 (0)1 47 70 88 50
最寄り駅: Grands Boulevards



おいしいお茶もいただきホクホクでバッサージュを後に。
Grands Boulevards グラン・ブルヴァール 駅側に抜けると
Musée Grévin (グレヴァン蝋人形館) もあります。
アーケードの中にいたので気づかなかったけれど
雨が降ったらしく地面が濡れていました。

夜は花見に行く予定だったメンツで夕食会をしたんですが
その帰り道、外に出たらななななんと雪!!


(((( ;゜ロ゜屮)屮)))ガクガクヴルヴル

4月に雪が降るなんてヤバイっしょ。
写真ではパラついてる程度に見えるかもしれないけど
吹雪いてみたり、結構本気の雪でした**



ポチッと( ・ω・)σ 1日1click!
人気blogランキングにご協力をお願いします!


Permalink | comments(6) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

AURORE - CAPUCINE

category: パン・菓子 Boulangerie-Pâtisserie | author: NEPOJA
なんとか年内にもう一本 ウP します!



T Room
のすぐそばにあるパティスリー、
AURORE - CAPUCINE オロール・キャピュスィーヌ。



ちょっとレトロな店構えがかわいいと思って
ショーウィンドーを覗いてみると
他では見かけないオリジナリティ溢れるお菓子がたくさん!



色鮮やかなラヴェンダーのビスケットとか
思わず買い込んでしまいました。



紅茶とかも置いていて
ちょっとエスニックなエッセンスを感じます。

T Room 近辺にお越しの際は是非立ち寄ってみてください!


ショーウインドー盗み撮り中 NEPOJA、盗撮されてました…(笑


Aurore - Capucine
3, rue de Rochechouart
75009 Paris
TEL: +33 (0)1 48 78 16 20
最寄り駅: Cadet



というわけで本年もいろいろお世話になりました。
来年も変わらずよろしくお願いします!
みなさんよいお年を☆



2008年に向けてポチッと1クリック!! ( ・ω・)σ
人気blogランキングにご協力をお願いします!

Permalink | comments(6) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

*。・* ☆ Christmas Party ☆ *・。*

category: パン・菓子 Boulangerie-Pâtisserie | author: NEPOJA
みなさんクリスマスはいかがお過ごしでしたか?

フランス人はみな実家に帰ってしまって静かな25日の夜、
うら寂しき (?) パリ居残り組で晩餐会をしました☆

自分は会場提供のみ、料理をするのは面倒だったので
ドリンクと喰いもん持ち寄り形式で!

クリスマスのケーキといえばビュッシュ・ド・ノエル。
母がよくクリスマスに作ってくれたのが
どこのケーキ屋のよりもおいしいかったんですが
今年は久々にビュッシュ・ド・ノエルが食べたい気分。



どこのにしようか迷っていたら、M子さんから
Pain de Sucre パン・ド・スュークル でおいしそうな
ビュッシュ・ド・ノエルがあるから予約しない?」って
絶妙なタイミングのメールが。


 

M子さんの巻き寿司おいしくって食べ過ぎましたw
彼女の知り合いお手製のフォワグラもいい感じ。
フランスのクリスマス、やはりフォワグラは欠かせません。
T氏がパパッと準備したカラスミとカブの浅漬けも大好評!
鴨のサラミも初体験、おいしかったです。


 

T子ちゃんはおつまみ・スナック担当。
S君のサラダは隠し味の黒七味がきいてて ( ・∀・)=b グッ
僕は前日の炊き込みご飯の余りでおにぎりを。超手抜き。
あとでパスタを作るつもりだったんだけど、
みんなお腹いっぱいになっちゃったのでお役目御免。


というわけでお待ちかね、デザートタイム!



WOW ☆ マンゴのイエローが色鮮やかな
超モダンなビュッシュ・ド・ノエル!



カットしてみるとロールケーキではなく、
マロンクリームが中に入ったマンゴムース。
甘すぎずスッキリとした味わいでとてもおいしかったです。

ネタ用に写真を一生懸命撮っていたら
「早く食べたいんだけどw」とブーイングの嵐。( ´ρ`* )




そしてケーキのお次はプレゼント交換タイム!
といっても余興なので一人5ユーロ程度のものでOK、
ま100ユーロ放出したければそれもよし、という決まりで。

 

エッフェル塔のオブジェをツリーに見立てて、
あみだくじでプレゼント采配。
(・∀・ ) ドレニシヨウカ アミダクジ〜♪
幸い自分の持って来たものを引いた人はなく、
僕はお灸セットが当たりました!
今日は来れないけどプレゼント交換だけ参加する!と
ブツを前もってお預かりしていたH氏、
コム・デ・ギャルソンの香水が大当たり。ズルイ!




パーティとは関係ないですが、
今年の実家のクリスマス会で妹が準備したという
お手製ジンジャークッキーとポテサラの写真が
メチャかわいかったので勝手に載せちゃいます。


2007年もあと僅か。
みなさん風邪など引かないように…

(  ゚Д゚)⊃⌒旦"〜 < 茶飲めやフォルァ



ポチッと1クリック!! ( ・ω・)σ
人気blogランキングにご協力をお願いします!



関連記事
トラックバックBOX
Permalink | comments(6) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

Pain de Sucre ☆ パン・ド・スュークル

category: パン・菓子 Boulangerie-Pâtisserie | author: NEPOJA


最近マレ地区を散歩していたら
あれ、新しいケーキ屋さんが。
ちょっとモダンでシックな店構えで適度に高級感アリ。
おいしそうなお菓子やパンが並んでいたのでついつい中へ。
広くない店内にはすぐ行列ができてしまいます。



まず目についたのは四角いギモーヴ(マシュマロ)。
マカロンもショコラもおいしそうで目移り。
フランスパンが両端に切り込みが入っていて二股になっていたり
タルトが四角かったり、普通のパティスリーとは一線を画す感じ。



おいしかったので、先日の友人Tのバースデイ・ケーキは
ここの四角いタルト・オ・フィーグに決定☆
今が旬のイチジクのタルトです。

周りに気兼ねなく大騒ぎしたいということで
ヴェトナム系中華料理店の二階部分を借り切っての
バースデイ晩餐会だったのですが、
事前に店の許可を得てシャンパンとケーキは持ち込み。



プラスチックの中華皿にオシャレなケーキは
ちょっと違和感ありましたが、
デザートタイムに電気を落としてケーキが登場すると
女子チームからは感嘆の声が☆


Joyeux Anniversaire ♪

どこで見つけてきたの、このケーキ?との問いに
ほら、あのマレに最近できたとこ、
Pain de Sucre って店、と言ったら
なんでも、かの有名なピエール・ガニェールで
パティシエ長を務めていた方が独立して開いた店だそう。

どうりでオシャレなだけじゃない、
タダモノではない感じの味だと思いました。
フランス菓子の伝統に則っているけれど
どこか新しくて、かつ繊細な味。

Pain de Sucre
14, rue Rambuteau - 75003 Paris
Tel/Fax:+33 (0)1 45 74 68 92
最寄り駅:Rambuteau 火・水休





お誕生日とは関係ないのですが先日いただいたバラ。
ほとんどブラックに近いダークレッドで先っちょが紅色。



わりと早くしおれちゃったので
せっかくだしドライフラワーにでもしようかと。





1日1クリックお願いします。
人気blogランキングにご協力を!
Permalink | comments(25) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑

Joyeuse Saint-Valentin♪ バレンタイン!

category: パン・菓子 Boulangerie-Pâtisserie | author: NEPOJA
みなもすなるヴァレンタイン日記というものを
ヴァレンタインに無縁な僕もしてみんとてするなり。

ていうか本命チョコもらったことないし! _/ ̄|〇

日本ほどではないけれど、
パリのチョコ屋もささやかにヴァレンタイン商戦中。
どこのショコラティエのウインドウもハート型でいっぱいです。

日本では女性から気になる男性、愛する男性にチョコを贈るのが
いつの頃からか習慣化されましたが
こちらでは逆に、男性が女性に花やチョコを贈ったりします。
ヴァレンタインと言えば、愛の告白の日ではなくって、
どちらかというとカップルのための日、という印象が強いです。
日本のクリスマスみたいなもん??



マレをはじめ、パリの各地に店を持つショコラティエ、
Jadis et Gourmande ジャディス・エ・グルマンド では
オリジナルメッセージをアルファベットチョコで贈れます!



こないだ前を通りかかったら、ウインドウに人だかり。
何かと覗いてみたら、ユニークなメッセージチョコがたくさん。



QUAND TU M'ECRIS TU ME FAIS FONDRE.
  君が何か書いてくれたら、僕はとろけちゃう。

JE T'AIME SANS RAISON.
  訳もなく君が好き。

JE TE KIFFE GRAVE ZOUB.
  お前のこと好き、マジやばい。キス。(みたいな感じ??)

RDV A 21H30.
  21:30に待ち合わせ。

CHOC MOI CROC MOI.
  ビックリさせて、私のこと、かじって。

書いてる(見てる)だけでなんかムズ痒くなってくるメッセージたち。
でも、チョコにひっかけてたりして、お上手!
フランスのエスプリ、粋? ( ´_ゝ`) 

でも、パッと目に入ったのは
やはり「 JE TE KIFFE GRAVE, ZOUB」。

KIFFE の原型「KIFFER」はアラブ語から派生した
俗語の動詞で「好き」ってこと。
でもなんか美しい印象を与えないし、
Je te kiffe...! なんて言われても
それが Je t'aime ジュテーム と同意だとは
とうてい思えないし、ちっとも嬉しくない!
Je kiffe la muzik! = J'aime la musique!
(音楽大好き!)くらいならいいけどね。

ZOUB ズッブ← ZOU-B ズビ ← BISOUS ビズ
フランス語でキス、って意味のビズを
ひっくり返すと俗語っぽくなります。

そして最近よく耳にする若者言葉「GRAVE」。
日本語の「やばい」「すごい」みたいなもん。
本来は「重大な」って意味の形容詞なんだけど、
副詞的に使われちゃってます。
CA DECHIRE GRAVE...! MDR...(爆

小さい子供たちもウインドウを覗いて
チョコメッセージを一生懸命音読していたけれど、
もっとキレイなフランス語を覚えてほしいもんです。




話はそれましたが、やっぱり愛のメッセージの王道は
「ジュテーム」でしょう! 容れ物がナイスです。




Happy Saint-Valentine's Day to Everyone!!

( ´Д`)y━─┛~~


Jadis et Gourmande
39, rue des Archives - 75004 Paris
TEL: +33 1 48 04 08 03
10時〜19時 月曜午前休
最寄り駅:Hotel de Ville / Rambuteau
パリの他店はコチラを参照ください。




チョコ好きさんはもれなくポチッと( ・ω・)σ
人気blogランキングにご協力を!



(ノ゚Д゚)ノ ))))))●~* 関連記事ブログ
パリ・ボルドーを行き交うフランスの恋人 〜ワイン〜
小川アンリのきままなパリ日記 2
*A BOUT DE SOUFFLE*


|ω・`)ノ⌒●~* オススメBOOK




|д゜)ノ⌒●~* オススメDVD
Permalink | comments(4) | trackbacks(0) | BBS | PAGE TOP↑
PREVIOUS ★ 前 NEXT ★ 続き
Google
Dim Lun Mar Mer Jeu Ven Sam
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
RECOMMEND
おてんばルル
おてんばルル (JUGEMレビュー »)
イヴ・サンローラン, 東野 純子
アメリ
アメリ (JUGEMレビュー »)
イポリト ベルナール
イージーフレンチ
イージーフレンチ (JUGEMレビュー »)
Florent Dabadie, フローラン ダバディー






160-600_flatware

コエンザイムトライアル

ライビーナ


SPONSORED LINKS